注目の記事 PICK UP!

『青春リベンジ』

る。

打ちのめされても、また走る。

もう一度、20年前の俺に帰ろう。

青春リベンジ

 
矢沢永吉が66歳。

66で、あのエネルギッシュなステージをやっちゃう。

俺、38歳。

まだまだ永ちゃんの歳まで30年近くあるわけだから、もっと走れるし、走らなければいけない。

そりゃ永ちゃんと自分を比べたら米つぶにも値しないが。

気持ちの面では、もっともっと走り続けなければ。

まだまだこのままでは終われないし、『キッズリターン』じゃないけど、「まだ始まっちゃいねぇ」。

始まりもしていない38歳の人生を自分勝手に終えるわけにはいかない。

決して誰にも望まれてはいないが、関係ない。自分の人生だ。

望まれなくても生きてやる。

呪われても生きてやる。

生き抜いた先に、きっと何かが見つかるはず。

生き抜かなければ見えない。

ギラギラ照り付ける太陽があるならば、俺は決して背を向けない。

希望なんて自分で作ればいい。

絶望に酔いしれるな。

悲劇のヒーローを気取るほど、みっともないものはない。

勝てないかもしれないけど、負けたくない。負けたくない。

負けてばかりの人生だけど、負けたくない。

ぶっ倒れることが絶望なのではない。

起き上がればいいだけ。

何度でも起き上がればいいだけ。

起き上がることをやめてしまった時に絶望がある。

起き上がることをやめてしまった時に敗北がある。

起き上がれなくなった時は、それまでの人生だったってことだ。

自分に恥ずかしい最期だけは迎えたくない。

道の途中で傷まみれになっても、俺は笑ってやる。

最期には全てを笑い飛ばしてやるから。

悔しさに口唇を嚙みしめて、血まみれの唾を吐いた。

少年時代の俺が泣いている。

現在の俺を見て泣いている。

夢いっぱい抱いていた、少年の頃の俺が泣いている。

もう泣かせはしないから、約束だよ。

二度と会えない「さよなら」を繰り返しながら、俺は走ってきたんじゃないか。

馬鹿にされて嫌われて、俺は走ってきたんじゃないか。

生まれ変わるチャンスなんだ。

一度きりの人生を何度でも生まれ変わってやるんだ。

あの日の自分に恥じないように。

あの日の仲間たちを決して悲しませないように。

あの日の青春に決して負けないように。

あの日の青春を決して裏切らないように。

一度死んだ人生だから、俺は走り続けるんだ。

決して止まることなく、俺は走り続けるんだ。

自分だけの道を。自分だけのレースを。

20年前の俺に帰ろう。

これからの人生が俺にとっての、青春リベンジ。

IMG_0055

 

アートPV

 

関連記事

  1. 一人でスマホで短編自主映画を20本撮った自己解説。

  2. 『SNS SOS』MV 一人自主映画

  3. 『ガムテリアン』一人自主映画

  4. 【限定動画】アウトレイジを観た直後にカレーを食うヤツ。

  5. 短編映画『KILLING EVERYBODY』一人で撮影した自主映画

  6. 短編映画『地獄カタルシス』一人で撮影した自主映画

  7. 『デッド オア ラフター』一人自主映画

  8. 短編映画『デスPAレート』一人で撮影した自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP