注目の記事 PICK UP!

荒井良二という子供の心を持った絵本作家

は大人の自分。

荒井良二、彼の発想は自由だ。のびのびと、まるで子供が描くかのような絵を描いて人を魅了させてくれる。

ぶっとんでいる。絵本という概念さえぶっ壊している。ただただ発想豊かに絵を描き、思いもよらなかった作品を生み出す。えんぴつの線だって消しやしない。本当に子供が描いたのではないか?と思わす絵だ。

しかし、この人、本当はすさまじく画力がある。そこがまた憎らしい。

物語だって、その時の発想のようでしっかりとつながっていく。決してデタラメではない。

子供の自由さを己の中で暴れさせて、それでいて客観的な目を持っている

その絵はデタラメのようで美しい。

見ているとワクワクしてきやがる。あっちこっちにワクワクする絵があって、まるで壁にいたずら描きしたかのような楽しさだ。

上手な絵を描けたらいいなとは思わない。そんな奴は腐るほどいる。

人の心を捕らえて離さない。そんな絵が描きたい。

荒井良二はまさに人の心を躍動させて、ぐわぁっしゃぁああああ!と捕らえて離さないのだ。

 

関連記事

  1. 『Discover Japan』キングコング西野亮廣論

  2. 窪之内英策『ラクガキノート』惚れ惚れする作品集

  3. 偉大なるジミー大西という画家

  4. 『いきものたちのせかい』鬼才・松本亮平

  5. 清川あさみのアートな世界観が美しい

  6. なぜ、葛飾北斎はエモいのか?

  7. 中島健太 画集『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』刹那の永遠の命

  8. 僕の宝物『松家幸治先生サイン本』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP