注目の記事 PICK UP!

一人でスマホで短編自主映画を10本撮った自己解説。

いに10本、一人自主映画を撮った。

本当は一年ぐらいかけて10本位制作しようと考えていたのだが、なんだか映画づくりにハマッてしまって、1ヶ月ちょいで10本を撮った。

そこで自分の映画作品10本を振り返り解説をしてみようと思う。

 

1作目~10作目の自己解説

 

①『夜と漆黒のアルデンテ』
すべてのはじまり。
 
img_1685

 
全てのはじまりは、ここから。

将来的には仲間と映画を撮りたいって思ってたけど、この日が来るまでは映画を撮ろうなんて全く思ってなかった。なんだか、ふと思いついた。数分で、ぼんやりと映画の内容が決まって、その後すぐにiPhone7を持って撮影をしていた。

二時間位で撮影が終わって、すぐに編集作業をして、その日に完成させた。

タイトルも「アルデンテ」という言葉が頭に浮かんで、それを使いたかっただけ。パスタを作る時の茹で加減がタイトルで、ますますわけわからん映画。

内容は、意味不明でむちゃくちゃだけど、なんだか次回作を早く創りたくなったのだ。
 

 

②『プライベートニュース』
ひとり語りにチャレンジ。
 
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

ニュースキャスターは無表情に淡々とニュースを読む。腹立たしいニュースがあっても淡々と読み上げる。

自分の感情を入れないんだね。

だけどこの作品では、ニュースキャスターが自分の感情をあらわにする。ニュースを読み上げてはイチイチ怒る

これも、ぼんやりと頭の中で考えながら喋っていたので、切れ味が良くない。

やはり、ちゃんと練り上げてやった方が良かった。

③『ん』
思いつきで撮っていった実験作。
 
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-55

「ん」しか喋らないっていう発想で挑んだんだけど、これもその場での思いつきでバンバン撮っていった。

かなり実験的な作品。
 

④『STAP』
すげー、駄作。反省。
 
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-55

おじいちゃん役をやってみたかった。そしたら汚い浮浪者みたいなメイクになった。

ただこのメイクのまま、外のブランコシーンを撮ったのだけは我ながら褒めてあげたい。

しかしながら、自分で言うのもなんだが、どエライ駄作になった。思いつきで撮るのは、良くないと反省した。

⑤『今日子』
誰も出演しない作品。
 
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-77

『STAP』を撮った翌日にすごい雪が降った。

そしたら、「この景色を映画にしたい」って思った。で、朝からiPhone7を持って、雪の中を歩いて撮影。

しかも、どんな物語にするのか?を考えながら撮影。

「あー、歩いて彼女に会いに行く話にしよう」と。

で、男も彼女も誰も出演しなかったら面白いなぁと思って、結局誰も映らず、風景とナレーションのみ。

映画のチラシをイメージして作るんだけど、雪景色の中に道が続いて、『今日子』というタイトルがあって、すごくシンプルな、このチラシデザインが一番気に入っている。

⑥『殺人ドライブ』
この作品から映画を撮ることを
意識するようになった。

 
名称未設定 77

やっとここから映画を創ることを意識した作品。

『STAP』の駄作を反省して、ちゃんと創ろうと思った。

今までは脚本もなく、その場の思いつきだった。

『今日子』のナレーションでさえ、文字に書かないで頭の中で考えて話している。

この『殺人ドライブ』でやっと脚本を文字にした。iPhoneのメモ帳に書いていった。

車の中で何か撮れないかなぁと考えたのが、この話。

 

⑦『ハッピー・タランチュラ』
全部ワンカットで
撮るということにチャレンジ。

 
uuu9

この作品は、ワンカットで最初から最後まで撮るということに挑戦した。

生配信を題材にしているので、編集でカットをつなげるなんてことはしないで、ワンカットでやってみたかった。

⑧『地獄カタルシス』
俺自身の映画。実験作。
 
111

俺自身がたどり着いた答え。100億円のカネよりも、100年残る作品を創ることの方がスゴイ。

ゴッホは生きている間に評価されなかった。

「死んでから評価されてもねぇ」なんて言う人もいるが、大抵の人は、死んだら忘れさられ、何も残らない。

ゴッホは作品を残した。多くの人達に愛されて、存在も人生も作品も語り継がれていく。

スゴイことだ。

俺は120歳まで生きる。あと80年、ひたすらに作品を創る。

それが俺にとっての、生きるということ。

この映画は、映画の文法なんてぶっ壊してやろうと創った作品でもある。

⑨『最後の審判』
初の会話劇。
一人でやるための方法。
 
名称未設定 0000

一人で会話劇をするために、この方法が思いついた。

とにかく一人制作映画はアイデアが大事。一人でやれることは限られてるから。

その限られた中で、想像力を働かせて、どう工夫していくか。

⑩『君への記(しるし)』
10作目!初の東京ロケ作品。
 
111

東京に行く用事があったので、ついでに映画も撮ってやろうと創った作品。

本当に便利な時代になった。

映画を撮るのに、持って行く機材がiPhone7一個だけという。

ポケットに入れて、お出かけ途中に映画撮れるからね。

予告編

1作目~10作目の予告編。

 

次回作


実はもう二作品、完成している。

週に1本、映画を公開していこうと決めている。そして現在、実はもうすでに二作品完成している。

二週分の映画が出来ているのだ。

この間に、さらに次の映画作品を考えたり、映画だけではなく、小説や絵本、絵を描いたりする。

映画も観るし、読書もしなきゃならない。

次回は、男の復讐劇を公開。

『ブラックマテリアル』

IMG_2443

一人制作で、相手がいないと成立しないような復讐劇に挑戦した。

さらに、次の週は、悪魔を主人公にした作品。

『世界は LA・LA・LA』

キャプチャ

日本っぽくない世界観を出して撮ってみた。

さらに次のアイデアももう頭の中で進行中だ。

関連記事

  1. 短編映画『イカヅチ』一人で撮影した自主映画

  2. 短編映画『金色の片想い』一人で撮影した自主映画

  3. 自主映画『BURST バースト』クランクイン!

  4. 『5minutes』一人自主映画

  5. 一人自主映画『HELP!』クランクイン!

  6. 一人でスマホで短編自主映画を30本撮った自己解説。

  7. 短編映画『ブルーリユニオン』一人で撮影した自主映画

  8. 『人生はしゃぼん玉』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP