注目の記事 PICK UP!

映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』ネタバレ・あらすじ・感想。

イアン・ゴズリングのカッコイイ、ポスターに釣られて観てみることにした。

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』
孤独な者どうしの父と子、
二人の存在がそれぞれ「心の支え」になっている。
監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴズリングブラッドリー・クーパーエヴァ・メンデス

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
数々の映画祭で高い評価を得た『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督&主演ライアン・ゴズリングが再タッグを組んだ人間ドラマ。

共演に『最後の恋のはじめ方』などのエヴァ・メンデス、『世界にひとつのプレイブック』などのブラッドリー・クーパー。

2012年製作/141分/PG12/アメリカ
原題:The Place Beyond the Pines
配給:ファインフィルムズ

 

 

あらすじ

 
天才ライダーのルーク(ライアン・ゴズリング)は移動遊園地でバイクショーを行う刹那的な日々を送っていたある日、元恋人ロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会して、ルークとの子どもを内緒で生んでいたことを知ると、二人の生活のためにバイクテクニックを生かして銀行強盗をするようになる。

銀行を襲撃したルークは逃走する際に、昇進を目指す野心的な新米警官エイヴリー(ブラッドリー・クーパー)に追い込まれてしまう。

 

ライアン・ゴズリングの表情や佇まいが何ともカッコイイ。『ドライヴ』では車の運転技術が天才的であったが、本作ではバイクの運転技術が天才的である。言葉少なめに、暴力的でありながらも純粋な心を抱く姿がとても似合う。感傷的で詩的で刹那的で、役者としての捉えどころのない奥の深さがある。

 

感想

 
銀行強盗を決行するシーンでは後先を考えない無謀な方法で、「とにかくカネを詰め込むだけ詰め込ませて」得意のバイクで逃走するというシンプルなもの。自分から破滅の道へと暴走している。

ライアン・ゴズリング演じる男は人間性では欠落しているが、我が子に対する愛情が深い。心底、子供への愛情があり、その父性から銀行強盗までしてカネを送るという歪んだ想いは、15年という時を経て、息子のジェイソンに通じてしまうのだ。

ジェイソンは自分の父親が「銀行強盗をした」ことなど、大した問題に思っていない。ジェイソンは父親が好きだったバイクに関心を示すし、父親に関する話を聞きたいと興味を抱く。

それは父親と同様、何故か孤独感を抱えて生きて、自分は「品行方正な人間ではない」という自覚と共に、父親が歩んできた道をなぞるように追いかけていく。

銀号強盗をして他人の家に侵入して射殺されてしまった父親への愛を抱くジェイソンは、ジェイソンを射殺した警察官を許せないし、その息子も許せない。

孤独な者どうしの父と子が、「二人だけにしか理解出来ないであろう」愛情によって繋がる。父と子にとって、どちらにおいても時代を越えて、それぞれの「心の支え」になっているのだ。

射殺した警察官は「相手が先に撃ってきた」という嘘を抱きながら、「小さな子供」を持つ銀行強盗犯を射殺した罪悪感とともに、周囲では英雄として扱われていく。

正義感と罪悪感と出世と地位と名声の中で生きる彼の財布の中には、ずっと「銀行強盗犯の家族写真」を忍ばせていた。

人は、一面的なものではなくて多面的である。良き面もあれば、悪しき面もある。暴力的であっても、優しきところもある。

色んな人の想いや人間関係、出逢いが交錯して、宿命と呼べる人間ドラマが織りなされることになる。

物語を紡いでいく圧倒的なチカラで、時に静かに見せていく技術には敬服するぜ!ってことで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『大脱出3』ネタバレ・あらすじ・感想。バカヂカラの脱出劇3。

  2. 最近観た映画8本。『美女と野獣』最高!

  3. 映画『13日の金曜日(2009)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『アウトロー』ネタバレ・あらすじ・感想。B級感が漂う映画。

  5. 最近観た映画4本。それぞれの見せ方、スタイル。

  6. 映画『アンダーワールド』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ゴジラ対メガロ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『銃』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP