注目の記事 PICK UP!

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ・感想。

田守監督作品『竜とそばかすの姫』を観たのだ。

『竜とそばかすの姫』
映像と音楽は良いが・・・。
物語とキャラ描写の希薄さが気になる。
監督:細田守
出演:中村佳穂成田凌染谷将太

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に少女の成長を描いた、細田守監督のオリジナル長編アニメーション。

 

主人公すず/ベル役はシンガーソングライターの中村佳穂が務める。

謎の存在「竜」の声は佐藤健。

ベルのデザインを『アナと雪の女王』のジン・キムが担当、海外のクリエイターも参加している。

企画・制作は、細田監督らが設立したアニメーション制作会社・スタジオ地図。

2021年製作/121分/G/日本
配給:東宝

 

あらすじ

 
高知県の自然豊かな田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし周囲に心を閉ざしていた。

母と一緒に歌うことが大好きだった彼女は母の死をきっかけに歌うことが出来なくなり、一人で曲を作ることだけが心のよりどころであった。

ある日、友人に誘われ全世界で50億人以上が集う仮想世界「U(ユー)」に足を踏み入れ、ベルというアバターで参加。

仮想世界では自然と歌うことが出来、自作の歌を披露するとベルは世界中から注目される存在になる。

そんな彼女の前に「U」の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れることに。

 

感想

 
賛否巻き起こる細田守監督作品。嫌いではなく、むしろ興味深く新作が公開されると毎回足を運びたい衝動に駆られるが、今のところ一度も劇場で観たことはない。どうしても失敗してしまうリスクを考えてしまい躊躇するのだ。

しかし細田守監督が描く空想の世界はどの作品も映像の凄さに驚かされる。

気になる点といえば物語展開とキャラクター描写である。そこに嫌悪感を抱く場合もある。

映像と音楽は良かったが、本作でも物語展開やキャラクター描写に違和感を覚えたのは確かである。

主人公を取り巻く周囲のキャラクター描写が余りにも薄過ぎて、イマイチ乗り切れない。

内気な性格のすずと親友のヒロちゃんはイイとしても、幼馴染みでイケメンのしのぶくんや明るいカミシン、容姿端麗なルカちゃん、合唱部のオバさんたち、そしてすずの父親。

彼らの描写が希薄過ぎるために、何ひとつ感情移入が出来ないのだ。

すずの父親も凄く優しそうな人だが、ボーッとしていて何を考えているかわからない。あれでは娘がグレてしまっても、おかしくはない。

インターネットの仮想世界でのルールも本当によくわからないので、作者に都合良く物語を自由に展開出来るのも疑問である。

男の子二人に虐待をしている父親も意味不明だった。すずが助けに行って守ろうとしたら、殴ろうとした拳を振り切れず腰を抜かして怯えて逃げて行った。「なんで?」。

あの父親がフツーにすずをブン殴っていたら、どうなってたんだろうね?

本当はまだまだ書きたいこともあるが、YouTubeで公開されているエガちゃんの感想が面白過ぎて大笑いしてしまったので、エガちゃんの感想だけで十分だと思える。

本作についてはエガちゃんの感想を是非とも見て欲しい、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『地獄少女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『リングサイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。好きだったルパン三世が嫌いになった日。

  4. 映画『ソウル・ステーション パンデミック』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『エイリアン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. Netflix映画『隔たる世界の2人』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『遊星からの物体X』『お米とおっぱい。』他

  8. Netflixドラマ『イカゲーム』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP