注目の記事 PICK UP!

映画『キングスマン ゴールデン・サークル』ネタバレ・あらすじ・感想。

ギリス製のスパイアクション!『キングスマン』シリーズは痛快で面白い。

『キングスマン ゴールデン・サークル』
エルトン・ジョンやジュリアン・ムーアが、
ハマッていて盛りだくさんだ。
監督:マシュー・ボーン
出演:コリン・ファース,ジュリアン・ムーア,タロン・エガートン

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
イギリス製スパイアクション、世界的ヒットを記録した『キングスマン』の続編。

主演のエガートンやマーリン役のマーク・ストロング、そして前作のキャストに加えて、ステイツマンのメンバーにチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアら豪華キャストが新たに参加している。

前作で死んだと思われていたコリン・ファース扮するエグジーの師ハリーも再登場。

前作に続き、マシュー・ボーンが監督を務める。

2017年製作/140分/PG12/イギリス
原題:Kingsman: The Golden Circle
配給:20世紀フォックス映画

 

 

あらすじ

 
スパイ組織「キングスマン」の根城が、謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、破壊されてしまう。

生き残ったのは以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、教官でありメカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけ。

二人は敵を追って、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡っていく。

 

感想

 
前作が面白かったので、続編も楽しみにして観た。

結論から言うと、本作も面白かった。

バカみたいにカッコイイんだけど、バカみたいに人が死んでしまう。

しかも大事なキャラクターもどんどん殺しちゃうから、やるせない。

エグジーの友達が、勝手にエグジーの部屋を物色することで、最悪な事態が起きるんだが、「セキュリティー、ガバガバやな!」とスパイとして大失格なわけだが、エグジーにとって、その辺の罪の意識は皆無であり、死んでいった仲間を多少惜しむぐらい。もし自分がエグジーなら、自分を責めて二度と笑顔を見せることが出来ないだろう。

ハリーが生きていたことは喜ばしいことだが、肝心なところですぐに「目の前を蝶が飛ぶ」幻覚を見るのだから、まどろっこしい。

とにかくメチャクチャ感満載の『キングスマン』シリーズは、ど派手にアクションを決めて、スタイリッシュに、それでいてジェントルマンに振舞うので痛快だ。

英国紳士はアメリカに渡り、テキサスのカウボーイ男と共に死闘を繰り広げたり、エルトン・ジョンが本人役で出てきたり、ジュリアン・ムーアが思いきりハマッていて、非常に盛り沢山だ。

コロナウィルスの影響でどうなるかわからないが、「キングスマン」誕生秘話を描いた『キングスマン:ファースト・エージェント』が今年公開されたら観に行こう、ってなところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. Netflix『全裸監督』を観たのだ。

  2. 映画『ルーシー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。それぞれのパニック映画。

  4. 映画『真実』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。全部、喰っちゃうね!

  6. 映画『えんとつ町のプペル』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。一風変わった映画たち。

  8. 映画『アルプススタンドのはしの方』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP