注目の記事 PICK UP!

『すみだ北斎美術館』卓越した技術と静かなる情熱の魂

国駅に降り立つと、力士の写真や手形が構内に飾られていて、その土地のパワーを感ずる。

駅近くにある江戸東京博物館は、カッコ良くてどデカくて外観からイマジネーションを刺激する。

美味しそうな飲食店が軒を連ねて、葛飾北斎が生涯のほとんどを過ごした墨田区の街並みの雰囲気に、「この街、好きやなぁ」と歩きながら思った。

そんな東京都墨田区に立地する『すみだ北斎美術館』に行ってきたのだ。

近代的な建物の中に、江戸後期に描かれた北斎の作品が展示されている。

海外からの来館者も多かった。

世界で一番有名な日本人画家の魂は、海を越えて、世代を超えて、今もなお引き継がれている。

企画展

今回の企画展では、入り口を入ってすぐに北斎代表作である『富嶽三十六景』を景観出来る。江戸後期の日本の風景が北斎の目を通して、現代の僕たちの前に映し出される。

『富嶽三十六景』の約20点もの展示されていた霊峰富士をテーマにした風景は、その当時の日本の美しい自然の匂いが伝わってくるようで、思わず深呼吸をしてしまう。同時に北斎の卓越した技術に深い溜め息が出る。

北斎の『諸国滝廻り』も幾つか目の当たりにする事が出来た。

北斎作品の構図は本当に素晴らしい。

まるで神の視点であるかのような美しい構図は、北斎が俯瞰で見ているのかのようでありながら、あまりにも丁寧に細かく描写されているので、対象物に接近して見ている北斎が存在する。

北斎は筆を手に、離れて見たり近づいて見たり、色んな場所に立ち色んな方向から絵を描いていたのだろうか。

常設展

常設展では、年表で北斎の生涯を辿りながら、『北斎漫画』や『絵本』等、企画展では見られなかった作品を堪能する事が出来る。

これほどまでに卓越した技術を持ちながらも、北斎は80歳を過ぎた頃に、娘のお栄に対して「猫1匹さえ描けない」と涙を流して語ったというのだ。

6歳の頃から絵を描いてきた北斎は、70歳以前までに描いた絵は取るに足らないもので、73歳にしてようやく動植物の骨格や出生を悟ることができたと。そして、80歳ではさらに成長し、90歳で絵の奥意を極め、100歳で神妙の域に到達し、百何十歳になれば1点1格が生きているようになるだろうと、絵手本『富嶽百景』初編の最後にある跋文で記した。

絵を極めようとしていた北斎の静かなる情熱が、ぐんぐん迫ってくるかのようで、終始圧倒されっぱなしだ。

僕の好きな『富士越龍図』も飾られていて、嬉しい。

北斎館から景観出来るスカイツリーも味わい深い。

墨田区の街の雰囲気がとても気に入った。北斎を身近に感ずる事が出来て、アートや歴史を大事にしている。

両国国技館があるので相撲を楽しんだり、建ち並ぶちゃんこ屋で一杯呑むのも良さそうだ。

「また来よう!」

関連記事

  1. 『松本敏裕 ×亮平展 ーそれぞれの表現Ⅴー』飛翔する!!

  2. 『芸術を楽しめ!』東京アート巡り・その①

  3. 『萩尾望都SF原画展』に行ってきたのだ。

  4. 『岡本太郎記念館に行ってきたのだ!』東京アート巡り・その②

  5. 『絵本作家 のぶみの世界展』に行ってきたのだ。

  6. 影絵の森美術館に行ってきたのだ。

  7. 山梨県立美術館、岡本太郎の『樹人』に会いに行く

  8. 松本亮平展『いきものたちのせかい』それは、生命の物語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP