注目の記事 PICK UP!

『ダリ展』鬼才、サルバドール・ダリの世界

立新美術館で開催されている『ダリ展』に行ってきた。

約250点によって多面的なダリの世界を紹介する、日本では約10年ぶりとなる本格的な回顧展だとこと。

fullsizerender-6

とにかく12日の土曜であるこの日は、かなりの人たちで混雑をしていた。

ダリのことは僕自身全然詳しくないけれど、面白そうな人やなぁという印象で、「知りたい人」だったし作品に触れたい人であり、今後好きになってしまいそうな雰囲気を持っている人だった。

創作作品はもちろんのこと、僕はその創作者のことを知りたくなる。どういう人生を送って、どんな思考で、どんな名言を残した人なんだろう。

その代表が僕にとっては岡本太郎だ。彼の作品はぶっ飛んでいるが、考え方や言動も面白い。

そんな人を魅了するニオイをプンプンさせているのが、サルバドール・ダリだ。

img_1768

混雑の中、ダリの作品と対峙する。正直、最初は僕にはよくわからない作品が並んでいた。

プロの画家さんが見ると、その技法や作品のタッチなど唸るものがあるのだろうけど、なんかイメージしていたものとは違った。

やがて独特の世界観のある絵が展示されて、見たことのあるダリ作品があった。

どでかい作品を見ると単純だけど、すげー!と感心してしまう。

僕がお気に入りになった作品は『ポルト・リガトの聖母』という絵で、不思議な感覚と絵そのものの美しさに魅了された。これが実際ものすごく大きな絵で、じっと見ていると絵の持つパワーに引き込まれそうになる。

ダリの不思議な感覚の絵の世界観は面白くて、僕個人は好きなジャンルの画家。

緻密に描かれているのだけど、その画家独自の面白さが出ているかどうか。

しかしながらダリは贋作王とも呼ばれていて、ダリの作品の75%は贋作だったということも言われている。

1960年代から晩年までの作品は、ダリの弟子5、6人が描きダリの作品として発表されていたともいう。

一体どれがどれでというのは僕にはわからないが、いろんな画風があって、同じ一人の人物が描いたように思えないほどいろんな絵があった。

最後グッズコーナーで、『ポルト・リガトの聖母』のポストカードを一枚だけ購入した。

fullsizerender-8

ダリについて、もう少し知識を深めたいと思います。

関連記事

  1. 『松本敏裕 ×亮平展 ーそれぞれの表現Ⅳー』体感せよ!

  2. 盆栽展に行ってきたのだ。

  3. 『宮沢賢治展』に行ってきたのだ。

  4. 『小松美羽展』泣けるほどに、気高く、美しい。

  5. 『松本敏裕 ×亮平展 ーそれぞれの表現Ⅴー』飛翔する!!

  6. 影絵の森美術館に行ってきたのだ。

  7. ピカソ展と太郎とゲルニカと芸術の秋。

  8. 『ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌』ポーラ美術館に行ってきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP