注目の記事 PICK UP!

松本亮平展『-生命の記憶Ⅱ-』果てしなく広がる想像力

橋のSILVER SHELLにて、9/29に松本亮平展『-生命の記憶Ⅱ-』に行ってきた。

銀座や京橋は、多くのギャラリーが建ち並んでいる。亮平さん自身もギャラリー巡りをして、多くのアートを鑑賞する街である、とか。

今回、新作を中心に23点もの作品が展示されている。

新作をどんどん生み出している発想力と想像力、創作意欲、描く事への情熱に圧倒される。

迫力ある絵と躍動感
作品の迫力と動物たちの表情や行動による躍動感が、非常に愉快で面白い。

お茶目さやユーモラス、遊び心が必ずあって、見る人の心をくすぐってくれる。だから見ていて飽きない。

先ず作品全体を見る。


それからひとつひとつ細かく見ていくと、沢山の発見と驚きが詰まっているのだ。


ペリカンに飲み込まれそうな動物たち。

しかしよく見ると自ら手を出して、口の中に乗り込もうとしている動物もいる。

一方、魚やカエルたちは逃げ出しているように見える。

海にいる動物たちはペリカンという舟に乗りこみ、魚たちは干上がるのを恐れて海へと脱出しているのかもしれない。

さらにその後方で、その様子を見ている三羽のペリカンが異様な怖さを演出している。

作品を見た人たちが絵の続きを連想して、それぞれの物語が生まれる。

神秘的なこの作品は、多くの動物たちの命が宿っていて生命の誕生を強く感じる。

ユニコーンの胎内には新しい命が宿っている。

火山の噴火は、まさに生きている象徴。

命の球体の外では蝶々が飛び回っている。

木も生まれた。

鶴は球体を破り、飛び出そうと。

キツツキは外から球体を突っついている。

見れば見るほど、自分の想像力まで刺激されていく。

寿司だってご覧の通り。


ひとつひとつの表情が可愛くてユニークだし、かっぱ巻きのキュウリが笑える。

巨大な犬も怖いけど、その周りを泳ぐ無数のサメも怖い。いや、きっと仲良しなのかもしれない。

僕の好きな作品。ダイナミックな構図で、迫力がありながらも色使いがすごく美しい。犬の大きな口と反り返ったカラダ、上を向いた尻尾と蹴り上げた後ろ足、上向きにひん剥いた目、空と海の青、カラフルな魚が円を描くように飛び回っている。

とにかく生で見て欲しい作品たち。

見た人それぞれが感じて生まれる物語。果てしなく広がる想像力。

芸術の秋に、美味しい珈琲でも飲んで語り合おうじゃないか。

松本亮平展『生命の記憶Ⅱ』

9月 25日 – 10月 6日
11:30-18:30
最終日は17:00まで
作家在廊日:9月25日、29日、10月6日
SILVER SHELL
silver-shell.com
〒104-0031 中央区京橋2-10-10 KCビル1F
新作を中心に23点

関連記事

  1. いやはや東京のアート巡りをするのだ!

  2. 『太宰治 生誕110年』特設展に行ってきたのだ。

  3. 『絵本作家のぶみさんサイン会』東京アート巡り・その⑥

  4. 『萩尾望都SF原画展』に行ってきたのだ。

  5. 『キングコング西野さん、ホームレス小谷さん』東京アート巡り・その④

  6. 『絵本作家 のぶみの世界展』に行ってきたのだ。

  7. 『岡本太郎記念館に行ってきたのだ!』東京アート巡り・その②

  8. 奈良県『喜多美術館』に行ってきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP