注目の記事 PICK UP!

北野武を尊敬する理由とお笑い界への嘆き

りゃ世界のキタノである。俺みたいなチンカスが言わなくても、すごい方ってのは誰もが認めている。

そして何故、俺が北野武を尊敬しているのかなんて語ったところで「それがどうした?」なのだが、最近のお笑い界についての嘆きも語りたい。

とは言っても、お前みたいなど素人にお笑いのことなど語ってくれるな!ということもあるだろうが、どーしても北野武を見てくれ!という思いで語らせていただく。ちょっとアートなテーマからは脱線してしまうが。

よく最近のテレビがつまらないなんて声があるが、確かにつまらなくなっている気はする。単純に他の娯楽が増えたということもあるだろう。そりゃ数十年前なんてのは、テレビが何よりもの娯楽だったわけだから。

だけど、最近のお笑いってどーなんやろか?ラッスンゴレライとか、安心してくださいはいてますよ、とか全然面白くないもんがウケている。あまりにもレベルが低すぎやしないか。

それと芸人たちのスタイル。今はフリートークが面白い芸人たちが、バラエティー番組では引っ張りだこで、それは確かに面白い。俺も好き好んで見ている。フリートークが出来なければ、バラエティーで活躍するのは難しい。

しかし俺が言いたいのは「ものづくり」におろそかになっているのではないか?ということ。いや多忙だから売れれば売れるほど、「ものづくり」をする時間はなくなる。漫才もコントも作る時間は削られる。

いや、でも北野武はずっと、「ものづくり」をしている。多くのレギュラー番組を持ちながら映画を撮ったり絵を描いていたり。それはお笑いの仕事ではないのだけれど、この「ものづくり」の姿勢をもっと他の芸人たちも持っていてほしい。

北野武や松本人志が、いろんなものごとに果敢に挑戦しているのにも関わらず、何故、他の芸人たちは後輩と飲みに行ったエピソード話ばかりなのか。

映画がヒットしなければ叩かれる。果敢に挑戦する者は叩かれる。

何もしないことが一番の保身かもしれないが、それは一番の堕落である。

北野武は今でも被り物を被ってテレビに出る。何故、今の芸人たちは被り物を被って出てきたりしないのか。シュッとした感じで立ち振る舞うのか。

俺が北野武を尊敬する所以は「ものづくり」を続けていること、挑戦を続けていること、今でも被り物を被って出て来たり、パンツ一丁で走りまわったりするところにある。

フリートークは皆うまいのだけど、ワイワイガヤガヤと騒いで終わるだけのバラエティー番組が多い。テレビ局の予算がなくて、芸人たちを集めてフリートークさせておくことが、一番テレビ制作側がラクだからかもしれない。

だけど、もっと面白い「ものづくり」をしてほしい。

フリートークをして後輩芸人と飲みに行って合コン行って・・・、

それが自分の目指していたところだったのだろうか。

 

関連記事

  1. 芸能人の逮捕、引退、死去について。

  2. アーティストの引退と生き様の美学

  3. 僕が加入している動画サイト 、それぞれの特性。2018.1、現在。

  4. 『やめて。2 ~ホラーTVシリーズ~ 』見どころ・解説!!

  5. Amazon Fire タブレットをレビューさせて。

  6. 出版社不況と悲観するのは、くだらない。

  7. 評論の論。あえて評論の良いところを言おうではないか。

  8. 何故、矢沢永吉の『成りあがり』は面白いのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP