注目の記事 PICK UP!

映画『カエル少年失踪殺人事件』ネタバレ・あらすじ・感想。

国で実際に起きた未解決事件を題材にした『カエル少年失踪殺人事件』を観たのだ。

『カエル少年失踪殺人事件』
未解決事件を更に迷宮入りさせる本作。
あのババア、一体何やねん!
監督:イ・ギュマン
出演:パク・ヨンウリュ・スンリョン

Amazon

Amazon Prime Video

 

解説

 
韓国三大未解決事件のひとつに数えられる少年の連続失踪事件を映画化したサスペンス。

 
『リターン』のイ・ギュマンが監督。

『私のちいさなピアニスト』のパク・ヨンウ、『シークレット』のリュ・スンリョン、『国家代表!?』のソン・ドンイルなどが出演。

2011年製作/132分/韓国
原題:Children…
配給:コムストック・グループ

 

あらすじ

 
1991年3月26日、韓国・大邱(テグ)に暮らす少年五人が「カエルを捕まえにいく」と言って遊びに出たまま忽然と姿を消した。

特ダネを狙うMBS放送のカン・ジスン(パク・ヨンウ)や犯人像の分析を行うファン教授(リュ・スンリョン)、捜査を担当するパク刑事(ソン・ドンイル)たちが事件を追っていたが、被害者少年の父親(ソン・ジル)に容疑が掛けられる。

 

感想

 
韓国での未解決事件を基にした映画ということで気になって本作を観ることに。

普通に考えて事故ではなく「第三者が関わった事件」であることが濃厚だと思うが、一体誰が五人もの少年たちの命を奪ったのか。

子供たちが普通に遊びに行けるような小さな山で、全員が一斉に行方不明になることは考え難い。散々捜索をして探し回り何も発見出来なかったにも関わらず、事件から11年後に五人の遺体が同じ場所で発見されることは明らかに不可解である。

山で遭難してしまったのなら五人の遺体はバラバラな場所で発見されるだろう。全員が同じ場所で命を落とすとは考え難い。

失踪して捜索が行われた時期は、どこかで遺体が隠され、しばらくしてから第三者が遺体を埋めたのだと個人的には推測する。

個人的な推測や幾つかの憶測が飛び交う中で、本作は映画の中でフィクションを交えながら真相に迫っていく。

韓国の国柄か時代なのか、「証拠もないのに被害者の父親を容疑者にする」展開はメチャクチャ。そりゃ、ダメだろ。確固たる証拠を掴んでから動き出さないと。テレビまで放送させて倫理観もメチャクチャ。

それにしても「父親のトイレでの不可解な動き」や、「ババアの変なサイン」は紛らわしいったらありゃしない。疑われても仕方ない動きをするなや!マジであのババア、一体何だったの?!ババアが何を訴えたかったのか全然分からない。

本作では一人の男の犯人による犯行に行き着くが、個人的には「五人を一人で全て殺害する」ことは困難だと思う。銃を手に五人を一斉に殺害することは可能だが、死体の処理を一人で行うにはかなりの労力ではないか。

カエル少年失踪殺人事件』は未だに未解決事件のままではあるが、本作を通して「犯人像が見えてくる」どころか「更にややこしくさせた」。

実際の事件を基にフィクションを織り交ぜているので仕方ないところではあるが、本作を観たことによって事件がより迷宮入りになった気がする、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『シンドバッド虎の目大冒険』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。『いぬやしき』『タクシー運転手』他

  4. 映画『ボーン・アイデンティティー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ゴジラ対メガロ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. ドラマ『藤子不二雄の夢カメラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 『ハード・コア』『散り椿』を観たのだ。

  8. 映画『君たちはどう生きるか』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP