注目の記事 PICK UP!

映画『見えない目撃者』ネタバレ・あらすじ・感想。

国映画の『ブラインド』をリメイクした『見えない目撃者』を観てみた。

『見えない目撃者』
なかなかGood!
事件追求と共に成長していく物語。
監督:森淳一
出演:吉岡里帆高杉真宙大倉孝二
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
吉岡里帆が視力を失った元警察官役を演じるサスペンススリラー。

2011年の韓国映画『ブラインド』を日本でリメイク。

『重力ピエロ』『リトル・フォレスト』の森淳一が監督を務めた。

2019年製作/128分/R15+/日本
配給:東映

 

あらすじ

 
警察学校の卒業式の夜に自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめは、自身も失明し警察官の道を諦めた。

事故から3年経った現在も彼女は弟の死を乗り越えられず、失意の中にいた。

そんなある日、なつめは車の接触事故に遭遇して、その事故現場で車中から助けを求める少女の声が聞こえてくることに気づく。

助けを求める少女の声から誘拐事件の可能性を訴える。

視覚以外の感覚から感じ取った「目撃」情報を警察に提示するも、警察は目の見えないなつめを「目撃者」と認めずに捜査を打ち切ってしまう。

それでも、少女を救いたいと考えるなつめは、少女を救うべく奔走し、事故現場で車に接触したスケボー少年・国崎春馬を探し出す。

やがて女子高生失踪が関連づけられて、連続誘拐事件の存在が判明。

なつめは事件の闇へと切り込んでいくうちに、弟の死とも向き合っていく。

しかし、猟奇殺人犯の魔の手は彼らにも迫ってきていた。

 

感想

 
なかなか面白かった。正直、期待はしていなかったが、韓国映画のリメイクともあり韓国版は未視聴なのだが、邦画がどんなカタチで完成させているのか興味深かった。

チープなものに仕上がっているかと思えば、しっかりと作り込まれていて、韓国映画のような雰囲気も醸し出していた。

盲目の元警察官の女性が、聴覚や嗅覚、触覚を頼りに事件に挑んでいく様は、「ただのサスペンス」で消化させることなく、ひとつのエッセンスを加えたことによって、物語に更なるサスペンス要素を盛り込ませることに成功した。

「目撃」は出来ないが、被害者のかすかな「助けて」という声からスケボーの音の持ち主を探し当て、事件を追求していくドラマはお見事である。

この辺は韓国映画の脚本が優秀だったと言えるのだろうが、十分に楽しめる内容であった。

元警察官であり、事故によって視力を失った彼女は、警察と協力しながら被害者を救おうと立ち向かう。事故により弟を失った過去を背負いながら、事件追求と共に成長していく彼女を描いていくところも良かった。

また韓国版の方も観てみようと思ったところで、「カット、カット」。

関連記事

  1. 『ハード・コア』『散り椿』を観たのだ。

  2. 映画『ROKUROKU』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『ハロウィン(1978)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』『ダ・ヴィンチ・コード』を観たのだ。

  5. 映画『ゴジラVSキングギドラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『サプライズ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ルーシー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『チワワちゃん』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP