注目の記事 PICK UP!

映画『ゴジラの逆襲』ネタバレ・あらすじ・感想。

一作目の『ゴジラ』を先日観てからの、早速第二作目である『ゴジラの逆襲』を観た。

『ゴジラの逆襲』

今度は大阪だ!
観光名所で大暴れ!

監督:小田基義
出演:小泉博若山セツ子千秋実

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
空想科学冒険映画『ゴジラ(1954)』の続篇。

ゴジラの他にアンギラスという暴竜が登場。

『ゴジラ(1954)』の香山滋が原作。

『透明人間』の日高繁明と『ゴジラ(1954)』の村田武雄が脚本。

『透明人間』の小田基義が監督を務める。

『あんみつ姫』の遠藤精一が撮影、『ゴジラ(1954)』の円谷英二が特技監督。

出演者は小泉博、若山セツ子、千秋実、志村喬、木匠マユリのほかに清水将夫、笈川武夫、笠間雪雄など。

1955年製作/82分/日本
原題:Godzilla Raids Again
配給:東宝

 

あらすじ

 
岩戸島に遭難した飛行士によって、ゴジラとアンキロサウルス、通称アンギラスの闘いが目撃されて、対策本部はゴジラを監視下に置き、本土上陸を阻止しようとする。

しかし脱走した囚人が起こしたコンビナートの火災が、ゴジラを大阪に誘導してしまった。

ゴジラを追ってアンギラスも姿を現われて、世紀の闘争の末、アンギラスは倒れゴジラは海へ去ったが、大阪の街は廃虚と化す・・・。

感想

 
第一作目『ゴジラ』が大ヒットしたことによって、翌年には『ゴジラの逆襲』がちゃっかりとスピード良く公開されたもんだから、その背景も面白いものである。

第二作目の冒頭からアンギラスという怪獣と戦うゴジラ。さすが第二作目とあってかサービス精神と作品のグレードアップとして、別の怪獣を登場させたのであろう。

第一作目では東京の地を襲ったが、次は大阪である。

そしてゴジラは第二作目から、あっけなく大阪城をぶっ壊してしまうのだ。

「なんでわざわざ観光名所で暴れるんだ、チクショー!」と僕は映画を観ながらハンカチを噛みしめるのであった。

ゴジラが暴れると、人は皆、逃げ惑うものだ。街を容赦なく破壊するからだ。

ゴジラは砲弾を浴びるが何のこっちゃない。そんなものは痛くもかゆくもないのだ。第一作目では、オキシジェン・デストロイヤーという兵器によって海中でゴジラを倒すが、第二作目は雪山による雪崩でゴジラを生き埋めにして倒そうとする。

戦闘機による銃弾で雪山を破壊して雪崩を起こしてゴジラを倒しにかかるが、どうも距離感を間違ってしまって戦闘機のまま雪山に突っ込み戦死する。人の命が懸かっていることなんで不謹慎ではあるが、コントかと思ったという感想は否めない。

それにしてもCGの技術がない中、特撮で「怪獣が襲ってきた!」という世界観を出そうと、大人たちが一生懸命に映画作りをしていると思うと、そのロマンに感動するのだといったところで、「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。竜二と座頭市。

  2. 映画『呪怨2(ビデオオリジナル版)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『CASSHERN』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『台風家族』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。『犯罪都市』『15時17分、パリ行き』他

  6. 映画『スターシップ・トゥルーパーズ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『アンダーワールド エボリューション』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『アウトロー』ネタバレ・あらすじ・感想。B級感が漂う映画。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP