注目の記事 PICK UP!

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想。

『透明人間』を観た。

『透明人間』
参りました。
全てにおいて優れた作品。
監督:リー・ワネル
出演:エリザベス・モスオルディス・ホッジストーム・リード
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
『ソウ』シリーズの脚本家リー・ワネルが監督・脚本を手がけて、透明人間の恐怖を描いたサスペンス。

『ゲット・アウト』や『パージ』シリーズなどのジェイソン・ブラムが製作を担当。

テレビドラマ『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』『アス』などのエリザベス・モスが主演。

『ファースター 怒りの銃弾』などのオリヴァー・ジャクソン=コーエン、『キリング・グラウンド』などのハリエット・ダイアーのほか、オルディス・ホッジ、ストーム・リードらが出演。

2020年製作/122分/PG12/アメリカ
原題:The Invisible Man
配給:東宝東和

 

あらすじ

 
天才科学者で富豪のエイドリアンに束縛される生活を送るセシリアは、ある夜、計画的に脱出を図って豪邸から逃げ出した。

悲しみに暮れるエイドリアンは手首を切って自殺、莫大な財産の一部を彼女に残すが、セシリアは彼の死を疑っていた。

やがて彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起こる。

見えない何かに襲われていることを証明しようとするセシリアだったが・・・。

 

感想

 
参りました!

「透明人間」というお題を使って、ここまで新しい概念と見せ方、優れた物語と演出を作り上げたことに感無量である。

「なるほど!」透明になるスーツを着れば良かったのか。

そうだ、そうだ。透明人間ということで「全裸になる」必要はなかったのだ。

包帯を巻いてサングラスをかける必要もない。

「透明人間」という定着されたイメージの中で、包帯ぐるぐる巻きという概念に縛られていたが、本作の『透明人間』を観ると、これこそが新しい正解を生んだスタイルだと思えてならない。。

また「透明人間」と言えば「透明人間」になった者の立場から描かれることが常識であったが、「透明人間」に襲われる者の立場からの視点で描いたという発明には、目から鱗であった。

自分を狂気の如く束縛する恋人が「透明人間」になって近づいて来るというのは恐怖でしかない。

中盤からの展開には、さらにドキドキさせられる。

挙句の果てには殺人犯として仕立て上げられ捕らえられて、脱走して、真っ向から「透明人間」に立ち向かっていく主人公の姿にも「狂気」を感じるのだが、とことんまで追い詰められていくギリギリの精神状態の中で変貌していく姿は、物語を加速的に面白くさせていくことに必要不可欠な要素である。

あまりにも優れた脚本と演出とキャストに、ただただひれ伏すばかりである、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 日曜劇場『半沢直樹』を観たのだ。

  2. 最近観た映画4本。どれも素晴らしい。

  3. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  5. 最近観た映画4本。武正晴監督がスゴい!

  6. 最近観た映画4本。『遊星からの物体X』『お米とおっぱい。』他

  7. 映画『ドラゴンボール・エヴォリューション』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ゾンビーワールドへようこそ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP