注目の記事 PICK UP!

写真家・蜷川実花のアートな世界

真家として、また映画監督としても活躍している蜷川実花。

彼女が魅せるアートな世界が俺は好きだ。

なんといってもその色彩が素晴らしい。

色鮮やかな花々、カラフルな空間。

そこに佇むモデル。

生きている。

蜷川実花が撮る写真を見ていると楽しい。かっこいい。その独特の世界観は何とも言えぬ妖艶で美しいものだ。

魔法のように色を自在に操り、その最高の瞬間を射止めて1枚の写真を撮る。

青や赤、ピンクや黄色。こんなにも美しい青が出せるのか。こんなにも美しい赤が出せるのか。色そのものも美しい色にしてしまう。女性の感性、センスってのはあるだろう。男には表現できないだろうな。

とても大胆でかつ繊細であり、その色のいちばん美しい色を、その人のいちばん魅力的な瞬間を捕らえる。

蜷川実花自身のことはよく知らないけれども、作品を見ていればわかる気がする。彼女はとても優しい人間である、と。

優しい人間でなければ撮れないものだ。

 

関連記事

  1. リアルと想像の融合『画家・松本亮平』

  2. 『Discover Japan』キングコング西野亮廣論

  3. 木梨憲武、NY個展。初日から大盛況。

  4. 優美な色彩と構図『中島健太 画集』の世界観

  5. キングコング西野亮廣がスゴイ

  6. スゴイんだぞ!『えんとつ町のプペル』

  7. 中島健太 画集『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』刹那の永遠の命

  8. なぜ、葛飾北斎はエモいのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP