注目の記事 PICK UP!

『最後の晩餐』

生最後の日、あなたなら何を食べたいですか?

そんな日ならば、何も食べる気が起らないかもしれない。

俺ならばオカンの手料理と答えるだろう。

高級な食事じゃなくていい。

オカンが作ってくれた食事を最後の晩餐にしたいのだ。

それはどんな一流シェフでも敵わないものだ。

男というものは皆、マザコンである。

母親がいなければ何も自分で出来ないということではない。

俺もオカンに電話することもほとんどないし、ましてや顔を合わせることなんてない。

一年に一回、会うかどうかだろう。

男なんてそんなもんだ。

人は皆、自分の事を自分が一番考える。

悩みも痛みも喜びも悲しみも、自分の事は自分が考えるものだ。

他人様が自分の事を自分以上に考えてくれる事なんてないのだ。

しかし親だけは、自分の事を自分以上に考えてくれる。

きっと俺がホームレスになろうが何だろうが、他人様が離れて行ったとしても、親だけは俺の事を想ってくれて、いつまでも我が子だと想ってくれることだろう。

人生というものは人間関係が一番難しい。

他人様とはどれだけ仲良くなったとしても、縁が切れる時は切れるものだ。

血のつながりというのは、なかなか切れるもんではない。

親と子は意見が異なるものだ。

親の意見というのは、子供にとっては耳ざわりなんだ。

それでも親と子は縁が切れない。

何故なら親と子は、意見は違えども想いは同じだから。

話はずれたが今回の作品は『最後の晩餐』だ。

IMG_0314

タイトル『最後の晩餐』

IMG_0313

 

アートPV

関連記事

  1. 短編映画『今日子』一人で撮影した自主映画

  2. 短編映画『殺人ドライブ』一人で撮影した自主映画

  3. 『BLOOD RAIN』一人で撮影したMV

  4. 短編映画『三日後の死神』一人で撮影した自主映画

  5. 短編映画『尻尾』一人で撮影した自主映画

  6. 短編映画『ろくでなしの春』一人で撮影した自主映画

  7. 『2017 酉』

  8. 短編映画『こちら地獄ヶ丘TAXI』一人で撮影した自主映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP