注目の記事 PICK UP!

僕の宝物『Moo.念平先生サイン色紙』

『あまいぞ!男吾』というマンガをご存知だろうか?

20年以上前にコミック雑誌『コロコロ』で連載していた学園ものの青春マンガだ。

Moo.念平先生が描いていた名作マンガである。

あまいぞ!男吾

Amazonで探す

まぎれもなく僕の人生に大きな影響を与えたマンガのひとつなのだ。

恥ずかしながら子供の頃の僕は勉強なんて全くしなかった。毎日毎日マンガを読みまくった。読み漁り、読みふけっていた。来る日も来る日も僕を夢中にさせてくれた。

マンガばかり読んで!」なんて大人は言うが、マンガをなめちゃいけない。僕はマンガから多くのことを教わった。マンガで育ったのだ。

Photo by Gabriel Tovar on Unsplash

Moo.念平先生の『あまいぞ!男吾』は僕の心をとにかく熱くした。

男吾は曲がったことが嫌いなのだ。ケンカが大好きで野蛮なようであるが、弱いものいじめや卑怯な腐ったことはしない。男と男の拳が交わる友情のケンカなのだ。

男吾は清々しい男の子だ。僕は憧れたのである。こんな男になりたいと。

故郷・奈良を離れてたった一人上京した時も、東京から山梨に流れ着いた時も『あまいぞ!男吾』だけは売らなかった。いっぱいマンガを持っていて、いっぱいマンガを手放したけれど、男吾は古本屋に売らなかった。残しておきたいマンガだった。僕の少年の想いが、このマンガにあったのだ。

それなのに僕は全16巻の『あまいぞ!男吾』を16巻だけ持っていない。

あの頃マンガ少年だった僕も大人の階段を上る過程で、だんだんマンガ離れしていったのだ。

Photo by Joey Nicotra on Unsplash

だけど大人になってから東京で、男吾の愛蔵版の最終巻を買って揃えた。

IMG_0689

Moo.念平先生のサイン色紙は、僕が小学生の頃にコロコロにハガキを応募して採用されたことで、プレゼントをいただいた。

男吾のファッションを考えるっていう募集で、「原始人のコスチューム」を男吾に着せたイラストを送ったら掲載されたのだ。

『あまいぞ!男吾』は、一年一年成長した。小学生から中学生、そして高校生へと、マンガの連載とともに成長していった。

月刊誌だったので、その成長は早かった。男吾も僕も、共に成長していったのだ。

男吾は今年で40歳じゃないのかな??確か僕よりも、ひとつ上だった気がする。

今、男吾のような男にはなってない僕を、僕は思いきり男吾に殴ってもらいたい。

Photo by Anton Danilov on Unsplash

関連記事

  1. 富士と海と松

  2. 文学の風に吹かれて古書街、神保町を歩くのだ!

  3. 圧巻!!やっぱり奈良の大仏はスゴイのだ!!

  4. 3.11 『つながれ』

  5. 盆栽 My Love

  6. 『龍神を描く』奈良県、室生寺を歩く。

  7. 中田敦彦『僕たちはどう伝えるか』講演会に行ってきたのだ。

  8. S.H.Figuarts 長渕剛が届いたので開封動画を撮ったのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP