注目の記事 PICK UP!

黒田勇樹監督『恐怖!セミ男』× 河崎実監督トークショー

田勇樹監督の『恐怖!セミ男』の上映会に行ってきた。

役者として活動してきた黒田勇樹さんは現在、フリーで活動されている。

モノづくりの意欲が大きい人だなと、僕は黒田勇樹さんを気にしていた。そして真面目さの照れ隠しなのか、ユーモアを身にまとい、その表現スタイルも黒田ワールドを構築しながらモノづくりをしている。

黒田勇樹監督の『恐怖!セミ男』の上映会で中野に来た。受付で黒田さんがフツーに立っていて、すごく丁寧な方だった。

『恐怖!セミ男』

物語の展開というか、発想がとてもクレイジーであった。黒田勇樹監督ならではのアイデアで、純粋に映画作りをしているのが伝わってきて、好感が持てた。変にカッコつけたりしないのがイイ。役者さんが映画を撮ると、なんだかカッコつけてる感があるんだけど、黒田勇樹監督には、それがない。

ワンカットでずっと長回しをしているシーンがあったが、とても演劇的な印象も受けた。

黒田勇樹さんが映画の中で登場すると、やはり華があるなぁと思った。個人的には、黒田勇樹登場シーンをもっと観たかった。

河崎実監督も仰っていたが、ダンスシーンが特に良かった。映画の中のアクセントとして、あのシーンを入れているのと入れてないのでは全然違う。

黒田勇樹監督にしか思いつかない発想は、次の展開がまったく読めないので、「この話、こうなるだろうなぁ」という観客の予想がつかないので楽しめた。

次回作に繋がる大事な作品だと思う。

河崎実監督とのトークショー

黒田勇樹監督と河崎実監督とのトークショーがとても面白くてタメになったし刺激を受けた。プロの世界で長年やってきた二人の話は非常に面白かった。映画作りの話はもちろんのこと、テレビでは聞けない話を二人は、気さくにどんどんしてくれるから面白い。

河崎実監督の過去の作品を観ながら、裏話などを解説してくれて、とても貴重な時間だった。

F4B1799F-

『豪快さん』や『全裸学園』など、作品もすごく面白かった。

バカバカしい事を真剣に全力で大人たちがやっているのは最高だ。

河崎実監督作品をいっぱい観てから、また会いに行ってお話を聞きたいと思った。

そして黒田勇樹さんの演劇や映画等、また観に行こう。もっともっと面白いことをしていくだろうし、それだけの才能がある人。もっと活躍して欲しいし、もっと活躍する人。

とても楽しい一日でした。ありがとうございました。

IMG_5577

黒田運送(夏)「恐怖!セミ男」上映会

ゲストと楽しいトークをしながら黒田勇樹監督作品ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出展「恐怖!セミ男」を観よう!

7月毎週日曜開催

7/9(日)14:00~17:00
ゲスト:河崎実監督「いかレスラー」
「日本以外全部沈没」「大怪獣モノ」

7/16(日)15:00~18:00
ゲスト:佐伯日菜子さん「静かな生活」
「エコエコアザラク」

7/23(日) Coming Soon!

7/30(日) Coming Soon!

場所

イベントスペース ルナベース

〒165-0026

東京都中野区新井1-14-16
ライオンズマンション中野第5 B-101

■中央線・総武線・東西線  中野駅から徒歩8分

■西武新宿線  新井薬師駅から徒歩10分

内容

黒田勇樹監督作品「恐怖!セミ男」上映(45分)の後、
お酒やお茶を飲みながらゲストとの
アフタートークをお楽しみ頂きます。

セミ男も登場!?

料金

2000円+1D
(予約等ございませんので当日会場までお越し下さい)

ドリンクメニュー ALL500円 缶ビール、
缶チューハイ、ソフトドリンクを用意

お問い合わせ

info@yuukikuroda.com

黒田勇樹公式ファンクラブ

6da3703d-dde5-40bf-8895-e2cbc0b7a42a

本格復帰した俳優黒田勇樹をスキルアップさせよう!

 

黒田勇樹作品

DVDや鑑賞チケット等。

80130d006ec0fad7187f

https://freeact.stores.jp/

 

↓ブログはこちら↓

黒田勇樹オフィシャルブログ「Surrea StringS」

 

関連記事

  1. 写真家・蜷川実花のアートな世界

  2. 『Discover Japan』キングコング西野亮廣論

  3. 偉大なるジミー大西という画家

  4. 優美な色彩と構図『中島健太 画集』の世界観

  5. 本物より本物『岡靖知画集』美しき神がかり的な技術

  6. キングコング西野亮廣がスゴイ

  7. 榊いずみ『SOUNDTRACKS』を聴いて。ー榊いずみの魅力ー

  8. 窪之内英策『ラクガキノート』惚れ惚れする作品集

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP