注目の記事 PICK UP!

『蠱毒 ミートボールマシン』血沸き肉躍る純愛映画!!

宿武蔵野館にて、『蠱毒 ミートボールマシン』を観たのだ。

現代の閉塞感で息苦しい日本を、気持ちいいぐらいにぶっ壊してくれる超パワフルな映画である。

この世界観を作り上げただけでも敬服。

漫画原作やアニメ、小説が原作で映画化して世界観を作り上げるモノは多いが、オリジナル原作で、とことんまで世界観を作り上げることは、制作者にとてつもないエネルギーと映画に懸ける情熱や集中力や体力、いわば「殺意」のような命懸けの狂気がないと全う出来ない。

海外の映画祭で本作が、大盛り上がりになるのがわかる。

映像と音楽が流れ始めた瞬間から、観客は血沸き肉躍るのだ。

序盤での人間ドラマによる主人公の悲哀が、ミートボールマシンの戦闘にまた拍車をかける。

悲哀を描くことで、血みどろのスプラッターなグロい表現が、人間をもっと深く深くえぐり出すのだ。

単なる戦闘モノではなく、単なるグロさが売りの映画ではない。

気持ち悪い血飛沫と内臓や腸がグロさを超越して、美しい芸術作品を堪能している錯覚に襲われる。

ミートボールマシンにとっては、真っ二つに割れた人間が武器になり、生首が武器になる。

残酷な修羅場の中に、何故か笑いがあり、「もっとやれ~っ!!!」と興奮させる残虐エンターテイメントにメロメロになる。

美しい女性は清楚でどこか寂し気でありながらも、何の躊躇もなくオッパイをむき出しにする。

オッパイは癒してくれたり、オッパイは強烈な武器になったりするのである。

そして何と言っても、この映画は純愛ラブストーリーなのだ。

これほどまでに純愛を描くラブストーリーはない。

グロさを徹底的に表現したからこそ、一粒の涙は、激しくも優しい純粋な愛の結晶なのだ。

スカイツリーをど真ん中にドスン!と透明な円柱の壁を作ったアイデアも良く、外部から一切手出し出来ない閉じ込められた空間の中での殺戮。

発想が、どんどん発想をぶっ壊して、どんどん発想を飛び越えて、観客の脳内をぐっちゃぐっちゃにかき回して、視界いっぱいに飛び散る血と肉に感動するのだ。

日本映画はまだまだやれる!そんな感動と勇気を与えてくれて、腑抜けなこの日本に超ド級の元気を与えてくれる映画なのである。

 

9/2、トークショー

 
この日のトークショーでは、『蠱毒 ミートボールマシン』の西村喜廣監督と、過去作の高橋一生さん主役の『ミートボールマシン』の山口雄大監督と山本淳一監督と、山口幸彦プロデューサーの4名でのトークが行われた。

高橋一生さんの『ミートボールマシン』の撮影時に色々あり、12年間、会うこともなく仲違いしていた山口雄大監督と山本淳一監督が、皆で言いたいことをぶちまけた後、無事に仲直り。

年月が経つという事は、良いことも悪いことも沢山ある。

それぞれの人生の中で色んな経験をして成長して、一回りも二回りも大きくなったから、笑顔で握手出来たのだ。

高橋一生さんの『ミートボールマシン』も、めちゃくちゃ面白く好きな作品。

Amazon

Amazon Prime Video

この作品も純愛であり、悲哀の中で、戦い、愛を知る。

最後に、山本淳一監督と15年ぶりに僕も再会。

当時は映画の現像会社で一緒に勤めていて、山口雄大監督の自主映画やジャッキーチェンの映画を観に行ったり、僕の自主映画に出てもらったりした。

山本淳一監督の初代『ミートボールマシン』の劇場公開時は僕も観に行ったりと。

山本淳一監督作品『ガールフレンド・ストラトス』では、僕もリンチされるサラリーマン役での出演と助監督を担当して、『ガールフレンド・ストラトス』が劇場公開した時に会った時以来。

僕が手に持っているのは、初代『ミートボールマシン』のビデオ。

『ミートボールマシン』最高です!!!

関連記事

  1. 映画『デスペラード』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 新海誠監督『天気の子』を観てきたのだ。*ネタバレ注意

  3. 映画『罪の声』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  5. 映画『ヒッチコック/トリュフォー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『シライサン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 3DCGアニメ『アーヤと魔女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『共犯者』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP