注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。名作揃い!『セブン』『めまい』他

を隠そう、私は名作という名作を観ていない。

子供の頃は映画少年というよりも、漫画少年。

上京生活の頃は、映画の現像会社で働き、休日に映画館を三本ハシゴするなど、映画を観る事も多かったが、山梨に来てからはサラリーマン生活にどっぷり。

という事もあり、最近になってからまた、観ていなかった映画をどんどん観るようにしています。

『ヘルレイザー』
不気味なインパクトある見た目が、
この映画の勝利を確約した。

監督:クライヴ・バーカー
出演:アシュレイ・ローレンス,アンドリュー・ロビンソン, クレア・ヒギンズ



Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

すでに続編7作も作られているらしいが、全然観たことがなかった。

謎の箱は、謎のままだが、謎の不気味な物語は、謎のままが一番面白い。謎が解けると、不安要素が激減する。シリーズの続編では、謎が明らかになっていくのだろうか。

この不気味なインパクトある見た目を考えついたことで、この映画の勝利は確約されていただろう。

人体が引きちぎられて、血だらけになっていく映像は、実際には目を背けたくなるが、映画の世界ではエンターテイメント。

続編も観ていくかな。

『セブン
サイコで美しき逸品。
物語と映像美に舌を巻く。

監督:デビッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット,モーガン・フリーマン, グウィネス・パルトロー



Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

七つの大罪をもとに事件が繰り広げられていく。

もう二十年も前の作品であるが、その不思議な映像美と奇妙な物語の展開にグイグイ惹き込まれる。とにかくカッコイイし、悲惨な事件の見せ方も凄いし、ブラピとモーガン・フリーマンの掛け合いも良い。雨降る中のアクションシーンも緊迫感があり、カッコ良いし面白い。デビッド・フィンチャーの、監督の抜群のセンスに舌を巻く。

『めまい
ヒッチコックの演出と、
ラストの迫真の展開が最高!

監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジェームズ・スチュワート,キム・ノヴァク, バーバラ・ベル・ゲデス

Amazonで探す

なかなか主役の男はサイテーな奴だなぁと思いながら観ていた。ヘタクソな尾行をしながらも、不可解な迷路へと物語とともに観ている者も迷い込む。

螺旋階段の上からのカメラのショットは、まさに目がグルグル回る、めまいを演出していた。

全ての謎が明らかになるラスト、そしてエキサイトする男の迫真の演技と、最高潮に達する緊迫感にやられた。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』
思惑通りに解決しない展開。
ラストが非常に良かった。

監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:ジュディス・オディア,ラッセル・ストライナー, デュアン・ジョーンズ

Amazonで探す

Amazon Prime Videoで観る

オープニングからすぐにゾンビが現れて事件が発生する展開、前置きの少なさが良かったが、逃げ惑う女性の車はすぐに木にぶつかって大破。

「絶対、逃げれたやん!ドジ!」そんなツッコミを入れたくなったが、それでは物語が終わってしまうので、もっともっとピンチな展開にする必要がある。

ある家に飛び込みその中で閉じこもるが、そこに黒人男性が入ってきたり、そこの地下室に隠れていた家族等が出てきたりして、皆でこのピンチを切り抜けようとする。家の前にはゾンビの大群。二、三体のゾンビ相手では、何とか倒すことが出来ても、次々に襲ってくる大群となると難しい。

登場人物が皆が頭が悪すぎて、解決出来るはずのピンチを、もっと最悪な状況に追い込んでしまう。

そんな登場人物の頭の悪さに、観ているこっちがイラつき始める。全然思惑通りに解決しない。スタローンやシュワちゃんなら、一人で全てを解決しているだろう。

そんなこんなでイライラしていたが、ラスト終盤になって「おお!」という展開になり、「そうだ!そうだ!」とゾンビを応援しながらも、最高のエンディングを迎えて、僕のイライラもスッキリとした。

とはいえ物語の構造や人間模様、ゾンビ映画の発明等、やはり名作であるには違いない。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。役者の良さありきの作品たち。

  2. 最近観た映画4本。『ケンとカズ』が良かった。

  3. 最近観た映画4本。邦画は『ロッキー』を見習え。

  4. 映画『海獣の子供』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。『イレイザーヘッド』『バードマン』他

  6. 最近観た映画4本。ドキッ!『座頭市』だらけの映画大会。

  7. 最近観た映画4本。浅野忠信と二階堂ふみ。

  8. 最近観た映画4本。『遊星からの物体X』『お米とおっぱい。』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP