注目の記事 PICK UP!

本物より本物『岡靖知画集』美しき神がかり的な技術

い。

本当に、圧倒的に凄いです。

岡靖知画集


楽しみに待っていた『岡靖知画集』が届き、興奮を落ち着かせながら頁をめくる。圧倒的な技術での繊細な作品に、僕の瞳孔が大きく開きっぱなしになっているのが、自分でもわかる。

『岡靖知画集』は、岡さん自身が印刷での色合い等にこだわり、自身で出版された至極の逸品である。僕は、今回の発売情報を知った時から「絶対に買う!」と予約注文していたのだ。

「スッゲェ!」興奮と、「何なんだ!これは!」という驚きと、見れば見るほど、その美しき神がかり的な技術に深い溜め息が出る。これが「絵」だというのが驚きである。

多くの人が「写真」のようだと言うが、僕は「写真」よりも「本物」、いや「本物」よりも「本物」に見える。

瞳、まつ毛、唇、ほくろ、指、肌から浮き上がる拳の骨、透き通る血管、爪、服の質感、花びら、木の葉、光の陰影、・・・どれもこれもが凄い。

美しい女性の、しとやかな透明感のある佇まいが、優しい風が頬をそっと撫でるように、見る者の心を癒してくれる。

写真集を見ても、なめまわすように見ることはないが、岡靖知氏の画集は、なめまわすように見入ってしまう。

粗探しが出来ない。見れば見るほど緻密で繊細である。

優しい空気感、透明感、一筆一筆が髪の毛の一本一本、肌の細胞のひとつひとつまでをキャンバスに乗せていく。

人間技とは思えない。この技術の習得に一体どれほどの枚数の絵を描いてきたのだろうか。

多摩美術大学出身であるがデザイン学科だったらしく、一切油絵を学んでなかったという。独学でこの神がかり的な技術を習得したというのだから、もう何もかもに敬服する。

写経を書く時のように感情にブレがあっては描けない。乱れた感情では、これほどまでに繊細で美しい絵は描けない。邪念があると筆に表われる。

無心で描いているのか。思考を巡らせて描いているのか。

無音で描いているのか。クラシックでも流しながら描いているのか。

岡靖知氏は1983年生まれと、まだまだ若いが、人間としても達観しているのではないか。

まさに神の領域!!

超絶!オススメです!!

『岡靖知画集』

商品の説明
内容紹介
どこか神秘的で郷愁のある写実人物画を描く若手画家「岡靖知」の初画集。
油彩・鉛筆画など近作中心に掲載されております。
著者について
1983年生まれ
独学で西洋絵画を学び油絵で写実的な作品を製作
画廊やデパートで発表多数

  • 単行本(ソフトカバー): 64ページ
  • 出版社: 岡画房出版 (2018/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4991054605
  • ISBN-13: 978-4991054600
  • 発売日: 2018/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm

Amazon

 

関連記事

  1. 窪之内英策『ラクガキノート』惚れ惚れする作品集

  2. なぜ、葛飾北斎はエモいのか?

  3. リアルと想像の融合『画家・松本亮平』

  4. キングコング西野さん『イラストノート』

  5. 偉大なるジミー大西という画家

  6. 僕の宝物『松家幸治先生サイン本』

  7. 清川あさみのアートな世界観が美しい

  8. キングコング西野亮廣がスゴイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP