注目の記事 PICK UP!

映画『イエスタデイ』ネタバレ・あらすじ・感想。

界から「ザ・ビートルズ」がいなくなったら・・・?という、思いつきそうで思いつかなかった「偉大なる発想」は、その発想が一番面白くて、内容は劣ってしまうのではないか?

そんな僕の個人的な心配をよそに、キッチリと明確な答えを出していた映画であった。

『イエスタデイ』
優れた発想だけのオチにならない。
発想を見事に具現化した物語。
監督:ダニー・ボイル
出演:ヒメーシュ・パテルリリー・ジェームズエド・シーラン

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
『トレインスポッティング』『スラムドッグ$ミリオネア』などのダニー・ボイル監督、『ラブ・アクチュアリー』の脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んで、「ザ・ビートルズ」の名曲の数々に乗せて描く。

イギリスの人気テレビドラマ『イーストエンダーズ』のヒメーシュ・パテルが主演。

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』のリリー・ジェームズ、『ゴーストバスターズ』のケイト・マッキノンが共演。

シンガーソングライターのエド・シーランが本人役で出演。

2019年製作/117分/G/イギリス
原題:Yesterday
配給:東宝東和

 

あらすじ

 
「イエスタデイ(昨日)」まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。

イギリスの海辺の町で暮らしていたシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきたが、全く芽が出ずに夢を諦めようとしていた。

ある日ジャックは、停電が原因で交通事故に遭遇した。

昏睡状態から目覚めると、この世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていたのだ・・・。

 

感想

 
ビートルズという存在が一夜にして消滅したことで、ミュージシャンを志していた青年がビートルズの楽曲を自分の作ったものとして発表することでスターダムにのし上がっていく。

すごく安易な発想のようで、なかなか思いつかなかったコロンブスの卵のような発想だと思う。「なるほど!その手があったか!」とその優れた発想に感心する。ビートルズというところに設定を向けたのもイイところである。

しかし、発想が優れていても、それをカタチにすることは極めて難しい。

何故なら、発想が最大のオチになりかねないからである。

その発想以上のプラスアルファがないと、楽しめないものなのだ。

だが『イエスタデイ』では、ものの見事に優れた発想を具現化していた。確かに単純な物語であるとは言える。スターにのし上がって、昔ながらの自分を支えてくれていた女性とのフツーの幸せを選択する。単純な物語ではあるが、だからこそ難しい。

監督のダニー・ボイルは『スラムドッグ$ミリオネア』でも、幼少期から恋心を抱いていた女性を想い続けて、最後は二人が結ばれるという物語を描いていた。

途中途中で、疾走する音楽と共に目まぐるしく流れる映像で、映画をより盛り上げて気持ちを高ぶらせていく手法は『スラムドッグ$ミリオネア』と同様に、『イエスタデイ』でも表現されていた。

優れた発想を、見事に具現化した作品である、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『火花』『寄生獣』他

  2. 最近観た映画4本。自分の感性に失望した日。

  3. 映画『GONIN』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『ザ・ソウルメイト』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 話題沸騰!『カメラを止めるな!』を観てきたのだ!(ネタバレなし)

  6. 映画『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP