注目の記事 PICK UP!

映画『KILLERS キラーズ 10人の殺し屋たち』ネタバレ・あらすじ・感想。

コラス・ケイジ目当てで映画を観てみたが・・・。

『KILLERS キラーズ 10人の殺し屋たち』
魅力的ではない物語とキャラクター。
ヘタクソな殺し屋たちの殺し合い。
監督:ケン・サンゼル
出演:ニコラス・ケイジアナベラ・アコスタエンリコ・コラントーニ

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
場末のホテルを舞台にした10人の殺し屋が壮絶な騙し合いと殺し合いを繰り広げるスタイリッシュ・ハードアクション。

ニコラス・ケイジが主演を務める。

『リプレイスメント・キラー』の脚本などで知られるケン・サンゲルが監督。

2019年製作/92分/アメリカ
原題:Kill Chain
配給:[MDGP]上映委員会

 

あらすじ

 
錆びれたホテル、“デル・フランコ”の一室で、ターゲットを狙っていた殺し屋のマーカスが逆に狙撃される。

向かいのビルから撃ったのは同じく殺し屋のサンチェスであったが、報酬のダイヤを手にしたサンチェスを今度は2人組の汚職警官が殺害する。

さらに警官たちは仲間割れをして殺し合い、生き残ったエリクソンは隠れ家で待っていたレナータという女にダイヤを渡したが、そこを殺し屋が襲撃。

一人脱出したレナータがアラニャという男から偽造パスポートを買うため向かったのは“デル・フランコ”、ホテルのオーナー兼フロント係はジョンという謎めいた男。

レナータを追って現れる新手の殺し屋たちと、果てしなく続く殺しの連鎖。

その裏側には正体を見せない何者かが仕掛けた恐るべき罠が隠されていた・・・。

 

感想

 
何やねん!

先ず問題なのは、このポスターのキャッチコピーだろう。

「今夜この10人のうち、8人が死ぬ。」って。ポスターの人物の大きさ見たらバレバレやろ!!

絶対、上の大きく写った二人が生き残るやん!

まぁ物語もキャラクターもパッとしないので、ネタバレされていても問題はないのだが。

魅力的ではない10人の殺し屋がチンタラとヘタクソな殺し合いをしている。

だから物語も全然頭に入ってこない。

カッコつけているのはよくわかるのだが、カッコつけきれていない。

多いカット割りとカメラを揺らしながらの撮影、照明等は凝っているところもあった。でも肝心な物語や10人の殺し屋に魅力がないので、全て台無しになっている。

ニコラス・ケイジ目当てで観ていたが、冒頭にちょっと登場してから次に登場するまでなかなか長かった。

全然、楽しむことが出来なった作品であるといったところで、「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画16本。塚本晋也監督が好き。

  2. 最近観た映画4本。コワイ暴力描写『ヒーローショー』とロッキー健在。

  3. 最近観た映画4本。タランティーノばかり。

  4. 映画『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. Netflixドラマ『呪怨:呪いの家』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 長渕剛主演、映画『太陽の家』ネタバレ・あらすじ・感想。これぞ長渕イズム。

  8. 最近観た映画4本。『ランボー』『タクシードライバー』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP