注目の記事 PICK UP!

映画『ゾンビーワールドへようこそ』ネタバレ・あらすじ・感想。

『ハッピー・デス・デイ』のクリストファー・ランドン監督の過去作、『ゾンビーワールドへようこそ』を観た。

『ゾンビーワールドへようこそ』
恐怖と笑いのゾンビ映画。
少年たちの成長と友情が清々しい。
監督:クリストファー・ランドン
出演:タイ シェリダンデヴィッド ケックナー

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
冴えないボーイスカウト3人組が、襲いかかるゾンビの群れと死闘を繰り広げるサバイバルスリラー。

『パラノーマル・アクティビティ』脚本家クリストファー・ランドンがメガホンをとった。

2015年製作/93分/アメリカ
原題:Scouts Guide to the Zombie Apocalypse

 

あらすじ

 
高校生になってもボーイスカウトを続けているベン、カーター、オギーの3人組。

女の子に興味津々のベンとカーターはボーイスカウトを辞めたがっている。

しかし真剣に取り組むオギーにそのことを言い出せずにいた。

そんな彼らの日常に、思いがけずパーティに誘われたベンとカーターはキャンプを抜け出して会場へ向かおうとする。

そして、その途中でゾンビの大群に出くわしてしまうのだ。

ピンチに陥ったところをストリップバーのウェイトレスに助けられて、オギーとも合流した彼らは、ボーイスカウトで身につけた様々な技術を駆使して凶暴なゾンビたちに立ち向かい奮闘する。

 

感想

 
ハッピー・デス・デイ』監督の過去作である『ゾンビーワールドへようこそ』を観た。

オープニングからの、ゾンビが発生するシーンから既に面白い。

ゾンビという恐怖の存在を、オープニングから襲われる怖さと映画的な面白さを兼ね揃えている点は、さすがクリストファー・ランドン監督の手腕に唸る。

三人のパッとしない冴えないボーイスカウトの少年たちを主人公にして、襲いかかるゾンビから逃げ惑いながらも、次第にゾンビに立ち向かっていくという成長を遂げていく勇姿も素晴らしい。

また彼らがゾンビに襲われ続けていく過程で、友情を深めていくところも清々しい。

カッコ良くキメているが、少々ダサい点も愛されるキャラクターである。

恐怖と笑いを混ぜ合わせながら展開されていく物語は、クリストファー・ランドン監督の得意技といったところか。

まさに名作『ハッピー・デス・デイ』では、その得意技を爆発させてくれたのだが。

気軽に何も考えずに観るおバカな青春ゾンビ映画としては、オススメである、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『サプライズ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ヴィジット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。日本の良き監督たち。

  4. 最近観た映画4本。『誰も知らない』『十三人の刺客』他

  5. 『レディ・プレイヤー1』『大脱出2』を観たのだ。

  6. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  7. 『万引き家族』を観てきたのだ!*ネタバレ注意

  8. 『アラジン』『グリーンブック』を観たのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP