注目の記事 PICK UP!

映画『ハード・ターゲット』ネタバレ・あらすじ・感想。

ョン・ウー監督のハリウッドデビュー作を観た。

『ハード・ターゲット』
「本当に強い」オーラが伝わってくる!
アクションを追求した娯楽作品!
監督:ジョン・ウー
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダムランス・ヘンリクセンヤンシー・バトラー
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
ジョン・ウー監督×ジャン=クロード・ヴァン・ダムの、ハード・アクション。

“香港ノワール”を代表するジョン・ウー監督の記念すべきハリウッド進出第一作であり、“人間狩り”に興じる凶悪殺人集団に立ち向かう男の戦いを描いた。

バン・ダムが得意のマーシャル・アーツを駆使して熱演。

バイク・スタント、銃撃戦、ヘリ対馬のチェイスと、ノンストップ・アクション。

香港時代以上にスローモーションを多用した、ジョン・ウー監督ならではのアクション描写が見ものである。

1993年製作/100分/アメリカ
原題:HARD TARGET

 

あらすじ

 
ベトナムで心に傷を負って、ホームレスになった父の行方を探す女性弁護士。

彼女に協力するチャンスは、女性弁護士の父がニューオリンズの町で秘密裏に行なわれる殺人ゲームの犠牲となったことを知る。

独自の捜査を続ける彼が、いつのまにかその標的となっていた・・・。

 

感想

 
素晴らしいですな。ジョン・ウー監督×ジャン=クロード・ヴァン・ダム。

この当時の強い人って「本当に強い人」感があって最高ですわ。

現在では『ジョン・ウィック』のキアヌみたいに、「作られた強さ」っていうのがあって、映画のクオリティーとしては最高に凄いんだけども、生身の人間が持つ強さって本物。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムやスタローン、シュワちゃんって、この時代の映画では「本当に強い人」にしか見えない。生身の人間の持つポテンシャルが高すぎる。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムの存在感も相当、凄い。多分、街ですれ違っただけで「この人ただ者ではない」って肌感覚でわかる。

先日、日本のアクション映画『スコア』を観たけども、『ハード・ターゲット』からも、かなり影響を受けている。主人公の名前が「チャンス」であることも共通点だし、飛んでくる矢の描写や、ライバルとの壁越しに背中合わせからの窓ガラス越しで2丁拳銃での銃撃戦、もう『ハード・ターゲット』まんまだった。

物語の設定では殺人ゲーム自体は、かなり無理があった。あんな街の中で「ターゲット」に向かって皆で殺しにかかるって、凄いリスクだ。警察に見つかって逮捕されてもおかしくない。

最後はジャン=クロード・ヴァン・ダムもこのゲームに参加するのかなぁと思っていたが、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが相手をターゲットにして追い込みまくるという最高の展開になった。

爆破、爆破の連続で相手を追い込んでいくジャン=クロード・ヴァン・ダムは、果てしなくカッコイイのである、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 『ズートピア』『花とアリス殺人事件』を観たのだ。

  2. 最近観た映画4本。アニメやらゴリラやら。

  3. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『モスラ対ゴジラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。『麻雀放浪記2020』『マスカレード・ホテル』他

  6. 『ハード・コア』『散り椿』を観たのだ。

  7. 映画『海獣の子供』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ザ・フライ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP