注目の記事 PICK UP!

映画『大脱出3』ネタバレ・あらすじ・感想。バカヂカラの脱出劇3。

作『大脱出2』はスタローンがほぼ出演しないという、なかなか酷い作品であったにも関わらず、凝りもせずにやはり『大脱出3』を観てしまうのであった。

どこかしらガッカリしてしまうであろう自分を逆に楽しんでいるのかもしれない。

『大脱出3
どこが脱出不可能な建物なのか?
バカヂカラがモノを言う脱出劇!!
監督:ジョン・ハーツフェルド
出演:シルヴェスター・スタローン,デイブ・バウティスタ,マックス・チャン

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
シルヴェスター・スタローン主演によるプリズン・ブレイク・アクションシリーズの第3弾。

本作は『大脱出』シリーズにおいて初の R15+指定だ。

今回のミッションは秘密監獄「悪魔砦」。脱出不可能と呼ばれる舞台に脱獄のプロである主人公が挑む。

本作の撮影が行われたのは、名作『ショーシャンクの空に』でも使われた実在の建築物である。

スタローン曰く「ロケ地自体がキャラクター」だとか。18,580㎡もの驚くほど巨大な建築物であり、かつては4,000人もの囚人が収容されていたという。その暗い歴史から「恐怖や緊張感が溢れる映画の撮影に最適」と皆が絶賛するこの建築物も必見である。

今まで以上にシリアスな展開を繰り広げられ、より一層ハードなアクションに挑むシルヴェスター・スタローンは「本物の格闘が見られる。振り付けではない、ぜひ見てくれ」とメッセージを送った。

ブレスリン役をスタローン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のデイブ・バウティスタが前作に引き続きスタローンの相棒デローサ役を演じる。

ロー役を『イップ・マン外伝 マスターZ』『パシフィック・リム アップライジング』のマックス・チャンが演じる。

2019年製作/97分/R15+/アメリカ
原題:Escape Plan: The Extractors
配給:クロックワークス

 

あらすじ

 
中国全土を顧客に持つ、世界的ハイテク企業ジャン社の社長令嬢ダヤが、謎の武装組織の襲撃にあい誘拐された。

かつてダヤの身辺警護を務めていたローは、世界で唯一の脱獄のプロフェッショナルであるセキュリティ・コンサルタントのブレスリンを訪ねて、ダヤの救出を依頼。

ダヤが「悪魔砦」に囚われているとの情報を入手する。

悪魔砦は全てが謎に包まれていて、これまで出たものは誰もいないという秘密監獄。

ブレスリンは、ローたちとともにダヤ救出に動くが、ブレスリンのパートナーであるアビゲイルが何者かによって悪魔砦に拉致されてしまうのだった。

 

感想

 
『大脱出』シリーズでは、「脱出不可能」な要塞をスタローンが頭脳や肉体を駆使して「大脱出」していく姿を堪能することに楽しみがある。

しかし、今回も一見最初はコンピューターを前に頭脳を使って要塞を調査して、高度な頭脳戦が繰り広げられるのかと思いきや何てことはない、やっぱりバカヂカラがモノを言う大脱出劇なのだ。

「脱出不可能」と呼ぶには、あまりにも古くずさんな建物。『ショーシャンクの空に』で使われた建築物なだけあって、確かに映画としての画力(えぢから)は申し分なくある。その建築物の素晴らしさとは裏腹に、「脱出可能やろ!」というツッコミを入れざるを得ない。

しかも『ショーシャンクの空に』って、脱獄しちゃった映画じゃなかったっけ?と脳裏をかすめる。

まぁそれはそれとして、前作『大脱出2』はいかにも続編がある終わり方をしていたので、『大脱出3』が制作されるのは必然であったのだが、どこをどう見ても最初から最後まで「前作と全然関係ないやん!」と、続編でありながら前作を完全無視したドライさに、こっちの気持ちの切り替えが大変になるのだ。

物語も単純明快で、お金持ちのお嬢様が連れ去られて皆で助けに行くってだけの内容。

今回、異常なカッコ良さを発揮していたのが、マックス・チャン。スタローンが好きだからこの映画を観ていたはずなのに、あまりのマックス・チャンのカッコ良さに、「マックス・チャンだけでイイや」と思ってしまいそうになるほど。

スタローンはバカヂカラで敵を制圧して、『ロッキー』や『ランボー』で見られる哀愁はなく、依然として終始威張ったイヤなヤツ。

この映画で冒頭からラストのラストまで、本当に悲惨な役どころを演じるのがハリー・シャム・Jr.。


この男の大失態でずっと物語は展開されていく。最後は味方にまでその存在を忘れ去られて、・・、もしかしたら思い出されたのかもしれないが「アイツ置いていこーぜ」と完全無視されるのである。

そんなこんなの『大脱出3』ではあったが、ツッコミも含めて結局は楽しめるという憎めない作品であると感心したところで、「カット、カット」。

関連記事

  1. 『キングダム』『スノー・ロワイヤル』を観たのだ。

  2. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『ハロウィン(1978)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画16本。ホラーまとめ。

  5. 最近観た映画4本。『カンフー・ヨガ』『サニー/32』他

  6. 映画『ニューヨーク1997』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『WOOD JOB!(ウッジョブ)』面白い。

  8. 最近観た映画4本。『ビジランテ』『グレイテスト・ショーマン』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP