注目の記事 PICK UP!

映画『レザーフェイス‐悪魔のいけにえ』ネタバレ・あらすじ・感想。

作『悪魔のいけにえ』。レザーフェイスが殺人鬼として覚醒する、その瞬間を見せていく。

非常に魅力的なコンテンツではあるが、甘い媚薬だけに手を出すのは危険なのだ。

名作映画のハードルは非常に険しく高いのである。

『レザーフェイス‐悪魔のいけにえ』
レザーフェイスの少年時代を描くのは魅力的だが、
名作『悪魔のいけにえ』を扱うのはハードルが高い。
監督:ジュリアン・モーリー,アレクサンドル・バスティロ
主演:スティーヴン・ドーフ,リリー・テイラー,フィン・ジョーンズ
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説


名作ホラー映画『
悪魔のいけにえ』の殺人鬼レザーフェイスの少年時代を描いた作品。

殺人鬼レザーフェイスの少年時代の凄惨な出来事が描かれる。

監督は『屋敷女』などのフランス人コンビ、ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロ。

出演はドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』などのフィン・ジョーンズ、『ブレイド』などのスティーヴン・ドーフ、『死霊館』のリリ・テイラーらが出演。

 

2017年製作/89分/R18+/アメリカ
原題:Leatherface
配給:松竹メディア事業部

 

 

あらすじ


ソーヤー家の三男であるジェドは、5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントされる。

その後、農場で少女の変死体が見つかって、彼は更生施設へ送られるのだ。

10年後、施設の患者仲間に強要されて看護師を誘拐。施設を脱走したジェドは破滅的な逃避行を繰り広げる。

そして脱走した彼らを、かつてソーヤー農場で殺された少女の父親であるハートマン保安官が追跡する。

 

感想

 
名作『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスの少年時代を描いた作品で、いかに彼が殺人鬼として覚醒するのか、そのルーツを追いかけることが出来る。

いくら仮面を被っているからと言っても、本作のジェドが大人になったら、あんな感じに変貌するとは到底思えない。

少年時代を描いたものではあるが、1974年に作られた映画を基に2017年の技術でエピソードを綴るわけだから、少年時代の方がどうしたって色々とクオリティーを上げることが出来るはずである。

しかし何故か、1974年に作られた40年も前の『悪魔のいけにえ』の方がインパクトがあるのだろうか。

ジョン・カーペンター監督の『遊星からの物体X』でも、それ以前を描いたエピソードとして『遊星からの物体X ファーストコンタクト』という作品が約30年ぶりに映画化されたが、不思議と30年前の作品の方がインパクトが強かった。

何故か技術やクオリティーが上がった現代でリメイクしたものよりも、数十年前の映画の方がインパクトがあるのか。確かに名作ものをリメイクするわけだから本家には敵わない。

例えば、ブルース・リーの映画を現代でリメイクしてCGを使ってアクションをしたところで、生身のカラダでアクションをしていたブルース・リーのインパクトには敵わないのだ。

 

物語は悪くないしツマラナイわけでもないが、レザーフェイスの少年時代を描いているという先入観は「かなりハードルが高い」のだ。

そこそこ面白いんだけども、その先入観は大きな障害である。

あとはグロ表現に慣れてしまっている自分がいる。チェンソーでカラダを切り刻もうが何とも思わないのである。残酷表現は映画の歴史の中で多岐に渡る手法で散々作られてきた。もちろん僕なんか全然それらの作品を観ていないが、その僕でさえ残酷表現に慣れてしまっている。でもこの映画の見せどころと言えば残酷表現に他ならない。

どれだけ残酷表現に慣れてしまっても、1974年に作られた『悪魔のいけにえ』でのチェンソーを持って追いかけてくるシーンにモーレツに心打たれるのは何故だろう。

そこそこ面白い作品ではあるが、偉大なる映画『悪魔のいけにえ』のインパクトが強すぎて、どうしても比較してしまうのである。ということで、「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』『ジョン・ウィック』を観たのだ。…

  2. 最近観た映画4本。独特な空気感漂う映画。

  3. 映画『猟奇的な彼女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画16本。ホラーまとめ。

  5. 最近観た映画4本。『赤ちゃん泥棒』『座頭市と用心棒』他

  6. 最近観た映画4本。『殺人ワークショップ』『エル・マリアッチ』他

  7. 映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。『狂い咲きサンダーロード』『ヒメアノ~ル』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP