注目の記事 PICK UP!

Netflix映画『オールド・ガード』ネタバレ・あらすじ・感想。

れるぜ!シャーリーズ・セロン!

『オールド・ガード』
続編を見越した作品内容。
シャーリーズ・セロン、カッコイイ!
監督: ジーナ・プリンス=バイスウッド
出演:シャーリーズ・セロン,キキ・レイン,マーワン・ケンザリ

Netflix

 

予告編

 

 

解説

 
『スーパーマン』『ワンダーウーマン』『ウルヴァリン』などのアメリカンコミックライター、グレッグ・ルッカによる同名グラフィックノベルを、シャーリーズ・セロン主演で実写化したNetflixで2020年7月10日に全世界独占配信されたオリジナルアクション映画。

アンディ役をシャーリーズ・セロンが演じるほか、キキ・レイン、マーワン・ケンザリ、ハリー・メリング、ベロニカ・グゥらが共演。

『リリィ、はちみつ色の秘密』『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』のジーナ・プリンス=バイスウッドが監督。

Netflixで2020年7月10日から配信。

2020年製作/125分/アメリカ
原題:The Old Guard

 

あらすじ

 
何世紀にも渡り歴史の影で暗躍して、誰にも存在を知られることなく人類を守り続けてきた秘密の特殊部隊“オールド・ガード”。

メンバーは“永遠の命”を持つ不死身の傭兵たちであり、彼らを率いるのは女性兵士アンディ(シャーリーズ・セロン)だが、ある日、彼女らの不死身の能力が何者かによって暴かれる。

恐るべき陰謀のためにその能力を複製しようと企む強大な謎の組織から狙われることになり、手段を選ばない組織の脅威に立ち向かう部隊と人類の運命はアンディと仲間たちに託されていく・・・。

 

感想

 
シャーリーズ・セロン、カッコイイ~。

何かのインタビューで読んだけども、「女性がアクションを続けていくのは大変」だとシャーリーズ・セロンが言っていた。男性の俳優はアクション映画で失敗しても次回作の仕事はあるけれど、女性がアクション映画で失敗すると次回作のオファーはないって。

確かにそうだなぁと思った。男性俳優はチャンスは沢山ある。そもそも女性が主役のアクション映画の方が比率は少ないから、その中で興行的に成功させてアクション映画を継続させるって難しいことである。

だけども女性のアクションスターが少ないからこそ、そこで自分の地位を確立すればチャンスも大きい気がする。男性のアクション映画は数は多いけれど、その分競争率も激しいことだろう。

シャーリーズ・セロンは、アクション映画で自分の地位を確立した貴重な存在だと思う。

『イーオン・フラックス』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『アトミック・ブロンド』等、非常に魅力的なアクションを繰り広げる女優である。

本作もカッコ良かった。存在がカッコ良すぎる。

本作では、不死身である肉体を持つ人間たちの「使命」や「生き方」「悩み」に焦点を当てて、僕たちを感情移入させて映画の世界に入り込ませた。

しかし、まだ謎は多く残っていて、「何故、不死身なのか?」「何故、不死身だったはずが死ぬ場合もあるのか?」解明されていない点も残り、映画のラストでは「アンディが救えなかったクイン」という女性が登場する。

きっと続編を作ることを想定して「謎」を残したままにして、クインという重要人物をラストに登場させているはずなのだ。これで、もしも続編が作られなかったとしたら、悲惨なのはクインである。

海の底に沈められて生き地獄を味わうことになったが、脱出して登場したと思ったら「続編ないんかい!!」では、あまりにも可哀相過ぎる。なので、クインのためにも続編を作って欲しい。

謎が多い「不死身」ではあるが、「アジア人には不死身いないのかね?」という疑問だ。

コミックが原作らしいので、色んな謎に関する詳細が描かれているのかもしれないが・・・。

『オールド・ガード』の続編を待望するというところで、「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『サプライズ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ゴジラ対メカゴジラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 『キングダム』『スノー・ロワイヤル』を観たのだ。

  4. 映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ザ・フライ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。黒沢清づくし。

  7. 映画『イージー★ライダー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ジャックと天空の巨人』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP