注目の記事 PICK UP!

映画『ニューヨーク1997』ネタバレ・あらすじ・感想。

ョン・カーペンター監督×カート・ラッセルの黄金コンビ、『ニューヨーク1997』を観た。

『ニューヨーク1997』
個性的な登場人物たち、
物語、設定、映画の魅力が溢れているぜ!
監督:ジョン・カーペンター
出演:カート・ラッセル, リー・ヴァン・クリーフ, アイザック・ヘイズ
 

 
Amazon

 

解説

 
監督をジョン・カーペンター、主演をカート・ラッセルの近未来SF映画。

アウトロー・ヒーローが繰り広げる決死の救出行を描いた。

96年には続編『エスケープ・フロム・L.A.』も製作。

1981年製作/99分/アメリカ
原題:Escape from New York

 

あらすじ

 
1988年、犯罪増加率が400%を突破したアメリカ。

ニューヨーク・マンハッタン島を一帯をまるごと15メートルの巨大なコンクリート壁で囲んだアメリカ最大の刑務所では、終身刑の重犯罪者たちが集められて、週に1回セントラル・パークに投下される食料の配給以外は全て所内の囚人による自治に委ねられていた。

エネルギー危機によって米ソが開戦した第三次世界大戦が終結しつつあった1997年のある日、大統領専用機がテロリストに乗っ取られた。

そしてマンハッタン島内に激突墜落させられる。

大統領は脱出用ポッドで機外に逃れたが、大統領はすでに囚人たちによって拉致されていた。

大統領は米中ソの三国サミットへ向かう途中で、サミットでは参加国に対して、戦争の原因であるエネルギー問題を解決する核融合技術に関する発表内容が吹き込まれた録音テープを提示する予定であった。

警察本部長は、元特殊部隊員でレニングラード降下作戦の英雄ながら、武装強盗の罪でマンハッタン島に収監される予定だったスネーク・プリスキンを、釈放を条件に刑務所内に単身潜入させる。

頚動脈に24時間後に爆発する小型爆弾を注入されたうえで、大統領救出作戦に同意したスネークは、サプレッサー付きMAC10を渡されて、グライダーで世界貿易センタービルへ着地。

大統領を人質に取ったギャングのリーダーや、街に蠢く食人者たちを相手に孤独な戦いを開始するのだが・・・。

 

感想

 
笑わないダークヒーロー、スネークさんカッコイイぜ!

ジョン・カーペンター監督の描く世界観は非常に魅力的で、映画の持つワクワク感をエモーショナルに訴えかけてくる。

大統領が誘拐されたことで罪人であるスネークたった一人に大統領の救出を依頼するという無謀な物語と、24時間以内に救出させなければスネーク自身が爆発死してしまうというバカバカしい設定。

その映画ならではの非現実的な世界観が異常にカッコイイのである。

イケメンなどを安易にキャスティングしない個性的な登場人物たちが、異質な雰囲気を漂わせながら映画をさらに魅力的にしてくれるのだ。

ジョン・カーペンター監督×カート・ラッセルのコンビは最高だぜ!といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。園子温監督中毒。

  2. 最近観た映画4本。塚本晋也監督『野火』必見。

  3. 映画『AI崩壊』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。『スティーブ・ジョブズ』、『漫才ギャング』他

  6. 映画『花とアリス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『凪待ち』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『GONIN』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP