注目の記事 PICK UP!

映画『2046』ネタバレ・あらすじ・感想。

ォン・カーウァイ監督×木村拓哉の『2046』を観たのだ。

『2046』
センスと映像美は抜群。
物語は130分で長かった。
監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン, 木村拓哉, コン・リー, フェイ・ウォン, チャン・ツィイー

Amazon

 

予告編

 

 

解説

 
『花様年華』『恋する惑星』のウォン・カーウァイ監督が描くSFラブストーリー。

『インファナル・アフェア』のトニー・レオン、『恋する惑星』のフェイ・ウォン、『HERO』のチャン・ツィイーらアジアの人気俳優が共演。

2004年製作/130分/香港
原題:2046
配給:ブエナビスタ

 

あらすじ

 
心の底から愛した女性と結ばれなかったチャン(トニー・レオン)は、「2046」というタイトルの小説を書き始めたが、それは“失われた愛”を取り戻そうと“2046”という場所を目指して、ミステリートレインに乗り込んだ男女を描いた小説だった・・・。

 

感想

 
ずっと勘違いしていたが、キムタク主演の2046年の未来を舞台にした映画かと思っていた。

キムタクも主要なキャストではあるが主演はトニー・レオン。

2046年ではなくて、部屋番号が2046であった。他にも色々意味があるのだが、よくわからない。

それにしても長かった。130分あったのか。

5年の歳月を費やして完成させたらしいから、それに比べれば短い。

しかも「永遠に完成しない映画」だと言われていたらしい。

日本のポスターではキムタクが前面に出ているので、僕なんかも勘違いしちゃったのだが、最初の完成作はキムタクの出演シーンはもっと短かったらしい。

日本の関係者、まぁ出資者である大手事務所との関係の中で、キムタクシーンが増えたらしいが。

 

ウォン・カーウァイ監督は、物語よりも映像美やスタイリッシュな表現が主要な気がしていて、センスは抜群なんだけども130分の尺で見せるのは長いかな。

90分なら最高にイイんじゃないか。

大体、ラブストーリーに興味がないから、恋が実ろうが実らまいがどーだってイイ。「だったら観るな」ってことなんだけど2046年の未来を舞台にした映画だと思っていたから・・・。それにウォン・カーウァイ監督×キムタクは興味あったし、ずっと観たい映画の候補ではあった。

ウォン・カーウァイ監督×金城武は最高に良かったけど、本作は長かった。

ウォン・カーウァイ監督が優秀なのはわかるけども、やはり撮影のクリストファー・ドイルの技術はすこぶる優秀。

クリストファー・ドイルの撮影でなかったら、物語はもっと退屈なものになっていた。

映画の一コマ一コマがポストカードにして販売できるほどに魅力的である。

このセンスや技術って、マネしようと思っても全然マネ出来ない。

照明もかなりこだわっている。

映像美と音楽を楽しむのならば申し分のない作品だけど、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『悪女 AKUJO』『ブラックパンサー』他

  2. 最近観た映画4本。コワイ暴力描写『ヒーローショー』とロッキー健在。

  3. 最近観た映画4本。とんでもない映画を観た!

  4. 最近観た映画4本。『犬猿』『羊の木』他

  5. 映画『地獄少女』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『AI崩壊』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『スネーク・アイズ』『オーバー・ザ・トップ』他

  8. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U 』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP