注目の記事 PICK UP!

映画『TENET テネット』ネタバレ・あらすじ・感想。

いに、やっとこさ『TENET テネット』を観た。

『TENET テネット』
難解であることに意識が向きがちだが、
その華麗なる映像表現に魅せられる。
監督:クリストファー・ノーラン
出演:ジョン・デイビッド・ワシントンロバート・パティンソンエリザベス・デビッキ

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
鬼才クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル脚本のアクションサスペンス超大作。

主演は名優デンゼル・ワシントンの息子であり、スパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』で映画初主演を務めたジョン・デビッド・ワシントン。

共演はロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、アーロン・テイラー=ジョンソン、『ダンケルク』に続いてノーラン作品に参加となったケネス・ブラナー、ノーラン作品に欠かせないマイケル・ケインほか。

 

2020年製作/150分/G/アメリカ
原題:Tenet
配給:ワーナー・ブラザース映画

 

あらすじ

 
「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」名もなき主人公に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む〈時間のルール〉から脱出することで、時間に隠された衝撃の秘密を解き明かして、第三次世界大戦を止めることである。

ミッションのキーワードは〈TENET(テネット)〉。

突然、国家を揺るがす巨大な任務に巻き込まれた名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)と、その相棒ニール(ロバート・パティンソン)は、命がけで任務を遂行してくことになる。

 

感想

 
それにしてもクリストファー・ノーランは、日本で凄い人気だったのね。

ノーラン監督の新作が公開されるとなると皆、凄くありがたがって、不思議なくらいに熱狂している。

当初、僕も劇場に足を運んで『TENET テネット』を観に行く予定であったが、ずるずると観に行くタイミングを逃し続けて、結局DVDレンタルで観た。

難解といわれる本作であるが、「そんなことはないだろう」と半信半疑で観ていたら、一時間半ほど観たところで「????」僕の頭がパニックになり、停止ボタンを押してしまった。

「もう一度、最初から観よう」ということで、後日、改めて『TENET テネット』を観ることにしたのだ。

なるほど、なるほど、少し理解が出来た気がする。

 

時間の逆行

時間の逆行が描かれているこで複雑怪奇であるという印象をメディア等で刷り込まれて、難解という言葉の印象操作で僕の出来の悪い頭を脅かされていたのだが、理解しようとして観ると、ノーランの描きたい世界が少しずつわかってくるのだ。

確かに難解な映画ではあるが、「分かり易くしようと描いている」箇所もある。

「時間を逆行」するのは、回転ドアに入った地点から逆行していくわけで、自在にあらゆる時間を操作してタイムスリップ出来るわけではない。

いわゆるテープの逆再生のようなもので、逆再生された世界を突き進んでいくのである。

また「順行」は赤「逆行」は青と、視覚的に理解し易いように映像表現されている。

しかし、これは映画的な逆行表現であって、本来の逆行では「この通り」にはならないであろう。

弾丸は標的から銃口へと逆行する。

また車は後方へと逆行する。

本来の逆行、いわゆるテープの逆再生であるのならば、「喋る言語」もあべこべになっていなければ、おかしい。

「誰だ、お前は?」という台詞があるのならば、「?はえまお、だれだ」と聴こえなきゃおかしいのだ。

全ての物事が逆行されているのにも関わらず、言語が順行しているのは不思議なものである。

 

ニール

ニールという主人公のパートナーである男の存在が、この映画での最大の魅力のひとつであろう。

誰しもが、物語のラストのニールに悶絶したのではないだろうか。

何も知らない「名もなき男」である主人公が謎のミッションを遂行しようとしている中で、ニールは全てを知っていながらミッションを遂行しようとしていた。

主人公とニールの友情物語が、ラストで胸を熱くするのだが、ニールはキャットの息子であるマックスではないか説も浮上している。

確かに命がけで自分の母親の命を守ってくれた恩があるとしたら、マックスが大人になりニールとして現れても不思議ではない。

それは凄く感動的な物語でが、ノーラン監督の真意はわからない。

もしかしたらノーランは、そんなことを考えてもみなかったけど、[ニールはマックス説]が囁かれたことによって、「おぉ、そのアイデアいいなぁ、・・・そういうことにしておこうかなぁ・・」と、内心ドギマギしながら意味深な態度をとってくるかもしれない。

とにかく難解である『TENET テネット』は、観た者のそれぞれの考察や分解によって、映画を観た後にも楽しめるという、映画の醍醐味を堪能出来る後世にも議論がされていくであろう傑作なのである。

難解、難解というところに意識が行きがちなのだが、その映像表現や映画ならではのトリック、見せ方が非常に面白かった作品である、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『貞子』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 最近観た映画4本。『空飛ぶタイヤ』『ザ・プレデター』他

  3. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  4. 映画『ペーパームーン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。良作揃い。刺激を受けるぜ。

  7. 映画『ソウル・ステーション パンデミック』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。名作揃い!『セブン』『めまい』他

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP