注目の記事 PICK UP!

映画『ファニーゲーム』ネタバレ・あらすじ・感想。

糞映画だと言われる『ファニーゲーム』を観てみた。

『ファニーゲーム』
カメラ目線で語るフィクション性。
残虐シーンを映さない配慮。
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:スザンヌ・ローター, ウルリヒ・ミューエ, フランク・ギーリンク, アルノ・フリッシュ

Amazon

 

解説

 
1997年のカンヌ国際映画祭では、あまりに衝撃的な展開に途中で席を立つ観客が続出したという『ファニーゲーム』。

斬新なスタイルとショッキングなテーマ性でその年のカンヌの台風の目となったが、賞レースでは無視された作品である。

ミヒャエル・ハネケ監督は2001年、『ピアニスト』でカンヌのグランプリを受賞した。

1997年製作/103分/オーストリア
原題:Funny Games
配給:シネカノン

 

あらすじ

 
穏やかな夏の午後にバカンスのため湖のほとりにある別荘へと向かうショーバー一家。

車に乗ったゲオルグと妻アナ、息子のショルシ、それに愛犬のロルフィーは別荘に着いて、明日のボート・セーリングの準備を始める。

そこへペーターと名乗る見知らぬ若者がやって来て、礼儀正しい態度を見せていたが、もう一人パウルが姿を現す頃にはその態度は豹変し横柄で不愉快なものとなっていた。

二人はゲオルグの膝をゴルフクラブで打ち砕くと、突然一家の皆殺しを宣言。

一家はパウルとペーターによる“ファニーゲーム”の参加者にされてしまった。

 

感想

 
どうやら最悪の胸糞映画らしいということで、本作を観てみることに。

なるほど、なるほど、これは中々の胸糞映画だ。

だが、ただの胸糞映画ではない。

パウルという男は一家皆殺しにすることを「ゲーム」としながらも、時々視聴者に向かってカメラ目線で語りかけてくる。言わば「ゲーム」なので、彼にとっては視聴者を巻き込んだ「フィクション性を帯びた」ショーなのである。

カメラ目線で語りかけてくることを省いた場合、視聴者はただ茫然と一家惨殺シーンを眺めているだけとなる。

もちろん実際には眺めているだけしか出来ないのだが、エンタメショーなどで司会者が登場して「皆様、ご覧下さい!」とアナウンスして幕が上がれば、観客を巻き込みフィクションであることを強調したショーになる。

『世にも奇妙な物語』でタモリさんが物語について視聴者に向かって語り出すことによって、「ドラマであることを認識して」物語を楽しむことが出来るのだ。

本作が胸糞映画であることは間違いないが、「残虐なシーン」は一切見せないのである。

飼い犬をゴルフクラブで叩き殺すシーン、父親をゴルフクラブで足を骨折させるシーン、母親が全裸になるシーン、子供が銃で撃ち殺されるシーン、また飼い犬の死んだ姿が車の後部座席から地面に落ちるが遠目から映していてハッキリと見えない。子供が隣の家で目撃した死体は足だけであり、撃ち殺された子供の死体もハッキリと見せないでいる。

もしこの映画で残虐シーンを全てハッキリと見せていたとしたら、本当の胸糞映画である。

カメラ目線で語りかけてくることも、胸糞であることを少しマイルドな口当たりにしている演出だと思われる。

さらに問題なシーンは、パウルの相棒であるペーターが母親に撃ち殺されてしまった後、慌ててテレビのリモコンを探し出して「ゲームの巻き戻し」行為をしたことだ。

この巻き戻し行為の演出によって、更なるフィクション性とエンタメ性が増して、「これはパウルにとって都合の良いゲームなんだ」と認識することが出来る。

母親はペーターを撃つではなくてパウルを撃ち殺していれば、ゲームに勝利していたかもしれない。

ラスト、ボートの上でパウルとペーターが「現実」と「虚構」について二人で語り合っている。このシーンから見ても「ファニーゲーム」は「現実」なのか「虚構」なのかワカラナイ設定に位置づけられている。

いや、でも劇中でパウルは「ここで終わってはメジャー映画として尺が足りない」と言っていたから、虚構でイイのか。

それにしても役者陣の演技が上手い。子供も非常に上手かった。

父親と母親が汗だくになり、だんだん疲弊して憔悴しているような姿もリアリティーがあって良かった。

子供が銃殺されて、パウルとペーターが去った後の、カメラ長回しシーンも最高に良かった。

母親が助けを求めに行って夜道を走り回り一台目の車を警戒して身を隠し、二台目の車に助けを求めようと決意した後に、もう逃げ出せない程にぐるぐる縛られて戻ってきた時は「コントか!」と思う程面白かった。

父親は足の骨を折られてから、ずっとおとなしいし、時々痛みで絶叫したり号泣したりカッコ良さが全くない役柄であった。

胸糞映画ではあるが、役者の演技の上手さと監督の演出の凄さに感心させられっぱなしだった。

それにしてもパウルとペーターは「ゲームだ」と言って殺人を繰り返しているみたいだが、絶対に警察にバレて捕まると思うよ、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『悪人伝』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 最近観た映画4本。『マッド・ダディ』『BLEACH』他

  3. 『蠱毒 ミートボールマシン』血沸き肉躍る純愛映画!!

  4. 『がっこうぐらし!』『半世界』を観たのだ。

  5. 最近観た映画4本。『ゲット・アウト』『鋼の錬金術師』他

  6. 映画『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『ゴジラ(1984)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『太陽の塔』を観てきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP