注目の記事 PICK UP!

映画『ヴェノム』ネタバレ・あらすじ・感想。

『ヴェノム』を観た。

『ヴェノム』
悪が活躍して、もうひとつの巨悪に挑む。
魅力的な悪と正義感溢れる主人公。
監督:ルーベン・フライシャー
出演:トム・ハーディミシェル・ウィリアムズリズ・アーメッド

Amazon

Amazon Prime Video

予告編

 

 

解説

 
スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックの人気キャラクター「ヴェノム」を、トム・ハーディ主演で映画化。

地球外生命体に寄生され、特別な力を身につけたジャーナリストの戦いが描かれる。

サム・ライミ監督作『スパイダーマン3』にも敵として登場したヴェノムを、『ゾンビランド』『L.A. ギャング ストーリー』のルーベン・フライシャー監督が新たるダークヒーローを描く。

 

2018年製作/112分/PG12/アメリカ
原題:Venom
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

あらすじ

 
ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、「誰もが望む歴史的偉業」を発見したというライフ財団が密かに人体実験を行って死者が出しているとい噂を聞きつける。

正義感に突き動かされ真相を突き止めようと取材を進めるエディであったが、人体実験の被験者と接触し、そこで意思をもった地球外生命体「シンビオート」に寄生されてしまう。

シンビオートが語りかける声が聞こえ、次第にエディの体にも恐るべき変化が現れはじめる。

 

感想

 
昨今、かつての悪役が活躍する映画が大ヒットしている。

『ジョーカー』や『スーサイド・スクワッド』、『ハーレイ・クイン』など、ヒーローと戦ってきた悪役が映画の主人公となり、その魅力を発揮している。

そして、その悪役を務める主演に魅力的な役者を起用することで、更なる化学反応を起こして映画を盛り上げ大ヒットを巻き起こしている。

ヴェノムを演じたトム・ハーディーも文句なしのキャスティングである。

悪役でありながらも完全な悪として描くのではなくて、劇中に登場する敵対する「もうひとつの悪」と戦うことによって観る者の共感を生む。

かなりの罪なき人たちの犠牲者を出していることは否めないが・・・。

ヴェノムに寄生されたエディが正義感ある男なので何とかヴェノムと共存しながらも、「悪」へのチカラを抑えて「正義」へと誘導しているが、それも『ヴェノム』を観ていて楽しめる要素のひとつである。

凶暴でパワー溢れる悪役が大暴れするシーンは、完全無欠の正義のヒーローが活躍するよりもよっぽど爽快感があるのだ。

どう見たって気持ち悪い絶対的な悪なのに、人間と心を通わせながらピンチを切り抜けて必死に戦っているヴェノムに心奪われる。

ヴェノム誕生からヴェノムの活躍までを、ハラハラさせながら手放しで楽しめる見事なエンタメ作品になっている。

続編も公開されるということなので楽しみに待っていよう、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 『ドライヴ』『七つの会議』を観たのだ。

  2. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『ミッドナイトクロス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。ジャンルいろいろ。

  5. 映画『佐々木、イン、マイマイン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 北村龍平監督最新作『ダウンレンジ』を観てきたのだ。

  7. 映画『SCORE[スコア] 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ヒトラーVSピカソ 奪われた名画のゆくえ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP