注目の記事 PICK UP!

映画『Fukushima 50』ネタバレ・あらすじ・感想。

日本大震災での原発事故の内部事情を描いた『Fukushima 50』を観たのだ。

『Fukushima 50』
壮絶な原発の事故現場。
奮闘する作業員たちに感謝。
監督:若松節朗
出演:佐藤浩市渡辺謙吉岡秀隆

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故を、現場で奮闘し続けた人々の姿を描いたヒューマンドラマ。

 

門田隆将のノンフィクション『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』が原作。

『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』

門田 隆将  (著)

Amazon

Kindle

現場の最前線で指揮を執る伊崎に佐藤浩市、吉田所長を渡辺謙が演じる。

吉岡秀隆、安田成美ら豪華俳優陣が結集じた。

『沈まぬ太陽』『空母いぶき』等の若松節朗が監督。

第44回日本アカデミー賞で最優秀監督賞や最優秀助演男優賞(渡辺謙)等を受賞。

2020年製作/122分/G/日本
配給:松竹、KADOKAWA

 

あらすじ

 
2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が発生。

太平洋沿岸に押し寄せた巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲い、全ての電源が喪失して原子炉の冷却が出来なくなりメルトダウン(炉心溶融)の危機が迫る。

現場の指揮を執る伊崎利夫や所長の吉田昌郎(渡辺謙)をはじめ、発電所内に留まった約50名の作業員たちは、家族や故郷を守るため未曽有の大事故に立ち向かっていく。

 

感想

 
2011年3月11日、東日本大震災によって起きた福島原発事故での、福島第一原発で働く作業員たちを描いた本作。一体、あの時、福島第一原子力発電所では何があったのか?現場の人たちは守るために、どう戦ってきたのか?知らざれる内情が知れることになる。

震災で津波に呑み込まれていく原発の映像は迫力があり、壮絶だった当時の現場のパニックが伝わってくる。

放射能を浴びる恐怖に、自身の命を懸けて立ち向かっていく人たちの想いがやるせない。

実際に地獄絵図のような現場を目の当たりにした人たちの心境を想像すると、映像では語りきれない部分もあるだろうが、その恐怖を映画で疑似体験することで、彼らの奮闘する姿に感謝する想いが強くなる。

映画なので綺麗に描かれているところも多々あると思い、当時の現場は映像では語り尽くせない位に壮絶だったであろう。

ラストで吉田所長の葬儀シーンがあったが、かなり誤解が生じる展開であったように思える。吉田所長はガンによって亡くなったわけだが、物語の流れだと原発事故の被害で亡くなったように錯覚するのではないか。

ノンフィクションであり吉田所長は実際にお亡くなりになっているので、物語の終着点としては仕方ないとは思うが、原発事故とガンは無関係なので一瞬勘違いする流れであることは否めない。

後世に残すべく記録的な映画なので、震災を知らない子孫たちが本作を観て当時の現場で戦った人たちの状況を知れる内容であった、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『 ジョン・ウィック:パラベラム』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。独特な空気感漂う映画。

  4. 映画『翔んで埼玉』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。『悪女 AKUJO』『ブラックパンサー』他

  7. 映画『ぼくらの七日間戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『テケテケ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP