注目の記事 PICK UP!

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ・感想。

ニメ業界の奮闘を描いた『ハケンアニメ!』を見たのだ。

『ハケンアニメ!』
アニメ業界の制作現場の奮闘劇。
現場の人たちの人物描写が希薄だった。
監督:吉野耕平
出演:吉岡里帆中村倫也柄本佑

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
直木賞作家・辻村深月がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説を映画化。

ハケンアニメ!
辻村 深月  (著)

Amazon

Kindle

新人監督・瞳を吉岡里帆、天才監督・王子を中村倫也が演じる。

柄本佑、尾野真千子が共演。

『水曜日が消えた』の吉野耕平が監督。

劇中に登場するアニメ斎藤瞳監督が手掛ける『サウンドバック 奏の石』の監督を『テルマエ・ロマエ』の谷東が務める。キャラクター原案を『ツルモク独身寮』の窪之内英作、メカデザインを『機動戦士ガンダム00』『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の柳瀬敬之が務める。

天才監督・王子千晴の『運命戦線リデルライト』の監督を『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』『ONE PIECE STAMPEDE』の大塚隆史が務める。キャラクター原案を『魔法少女まどか☆マギカ』の岸田隆宏が務める。

2022年製作/128分/G/日本
配給:東映

 

あらすじ

 
最も成功した作品の称号を得るため熱い闘いが繰り広げられている日本のアニメ業界に公務員から転身した斎藤瞳(吉岡里帆)。

瞳は初監督作で憧れの監督・王子千晴(中村倫也)と業界の覇権をかけて争うことに。

王子は過去にメガヒット作品を生み出したものの、その後ヒット作を出せず、後がない千晴はプロデューサーの有科香屋子(尾野真千子)と組み、8年ぶりの監督復帰に燃えていた。

瞳はクセが強いプロデューサーの行城理(柄本佑)や仲間たちと共に、アニメ界の頂点を目指して奮闘する。

 

感想

 
評判がイイらしいので本作を観ることに。派遣のアニメーターが大活躍する話だと思っていたら、覇権を取るアニメを作ることに全精力を尽くすアニメ制作現場の人たちの物語であった。

物語は非常にわかりやすく新人監督の斎藤瞳と天才監督の王子千晴が同時間帯の放送枠で視聴率合戦を繰り広げるというものである。

今どき視聴率合戦というのも古い気はするが、制作現場の人たちにとっては大事なバロメーターなのだろう。

斉藤瞳はどこかしらドジそうな新人監督な雰囲気を醸し出しつつも、業界に入り若くして監督を務めることは極めて優秀で恵まれた状況である。

天才監督の王子千晴のキャラがわざとらしい程にカッコつけで最初は嫌悪感があったが、本当は泥臭い努力を人前に出さず裏では苦悩しながらプレッシャーと戦っている愛すべきキャラであったところが良かった。

斉藤瞳と王子千晴の作るアニメのクオリティーが高く、「実際にアニメ放送しても人気が出るのでは?」と思わせる説得力があったのは良かった。

斉藤瞳と王子千晴の対決。アニメのクオリティー。それぞれの監督とプロデューサーの関係。主となるテーマについては上手く描かれている

両サイドの監督とプロデューサーの人間関係は理解出来たものの、現場の人たちが何を考えているのか何をやっているのか一向にワカラナイ。彼らを細かく描写することで現場のリアリティーがもっと出たと思う。

物語はスムーズに流れ退屈になるようなシーンはないものの、人物描写が希薄であったため、イマイチ感情移入が出来ないのだ。

アニメ制作現場の人たちの一人一人の活動や仕事ぶり想い等を細かく描写していくには2時間という映画の中で困難ではあるが、皆が「一致団結」するシーンでさえ余り感動的ではない。

現場の人たちと心を通い合わせ最高のアニメを作っていく感動的になるはずのシーンが、人物描写が希薄のために活かされないのである。

最後に王子千晴がプロデューサーに「結婚してもいいよ」と言い「は?」と返されるが、観ている人にとっても「は?」だった。わざわざハッピーエンドにするために余計な展開を盛り込んだなと思える。二人が恋愛感情を持っていたなんて微塵も感じ取れない。もしも恋愛感情もなくノリで「結婚」を口にしたのなら、本当に「は?」である。

全ての問題が一気に解決するハッピーエンドにする必要はなく、瞳の隣に住む男の子が「サウンドバックごっこ」をして遊んでいるシーンで十分なハッピーエンドだ。何故、全ての問題が一気に解決する方向へ向かうのだろうか。

エンドロールが流れ終わり、視聴率合戦では負けたものの、Blu-rayとDVDの売上で『サウンドバック』が一位になり、瞳のプロデューサーが嬉しさのあまり可愛くジャンプする。イイシーンだと思うが「上手く行き過ぎやな」とも思う。

ってか斉藤瞳監督優秀過ぎるやろっ!

憧れの王子千晴と視聴率で接戦して、ディスクの売上で勝利して。

とは言いつつも観やすく楽しめた作品であった、といったところで「カット、カット」。

 

関連記事

  1. 映画『悪人伝』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. ドラマ『六本木クラス』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. アニメ『ルパン三世VSキャッツ・アイ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『台風家族』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 俺も観ていた『チェイス』配信停止?どーなる??

  7. 映画『96時間 レクイエム』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP