注目の記事 PICK UP!

僕の宝物『松家幸治先生サイン本』

家幸治という漫画家をご存知だろうか。

15年前ぐらい前だったろうか?コミックバンチという雑誌で『ガキんちょ強』という漫画を連載していた。

『ガキんちょ強』は、火事で両親をなくした小学4年生の強と妹の2年生の悦子が親戚のおじさんの家に引っ越してきてからの物語だ。悪ガキの強はヤンチャだけど、妹思いで正義感が強い。

何故、僕がこの漫画を愛読していたか?というと、そこには「人間ドラマ」がしっかりと描かれていたからだ。

僕は人間が描かれていない作品には心惹かれない。映画でも、小説でも、ドラマでも、漫画でも、歌でも。

オシャレなラブストリーなんて虫唾が走るし、ちんたら鼻歌交じりの作品なんて反吐が出る。人間ってそんなスマートには生きられないし、もっと泥臭いものなんだ。妙にカッコイイだけの人間が描かれていない作品には興味がない。そんな作品が多すぎるのだけど・・・・。

だから漫画では人間をしっかりと描いている手塚治虫の作品が好きだし、歌では長渕剛や尾崎豊が好きだったりする。

人間があまりにもスマートに完璧に、人間臭さもなく描かれていると俺は全然感情移入できない。『ガキんちょ強』は人間が描かれていて僕は好きだった。

そして、作者の松家幸治先生にファンレターを送った。そしたら、なんとサイン本付きでお手紙の返事もいただいた。

今はSNSで有名な方とも比較的簡単に繋がったり出来るけど、手紙を書いてファンレターを書くってのもなかなかいい。返事をいただいた時には、そりゃ家宝になる。残念ながら、返事には『ガキんちょ強』の連載がもうすぐ終了することが書かれていた。

確かに時代に流行するような物語ではなかったけれど、しっかりと丁寧に人間を描いていた松家作品を僕は好きだ。

FullSizeRender (56)

今、現在は漫画家として活動されてないのかなぁ。また漫画を描いてほしいね。そんな松家先生のサイン本が今でも僕の宝物です。

関連記事

  1. スゴイんだぞ!『えんとつ町のプペル』

  2. 黒田勇樹監督『恐怖!セミ男』× 河崎実監督トークショー

  3. 荒井良二という子供の心を持った絵本作家

  4. 美しすぎる小松美羽の画集、キター!!

  5. 優美な色彩と構図『中島健太 画集』の世界観

  6. 窪之内英策『ラクガキノート』惚れ惚れする作品集

  7. 中島健太 画集『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』刹那の永遠の命

  8. 『Discover Japan』キングコング西野亮廣論

コメント

    • しゃま
    • 2016年 6月 25日

    はじめまして
    松家幸治さんは現在「若戸だいご」と名前を変えてウェブ漫画や地方新聞で活躍されていますよ。
    「そふとそぼ」という4コマ漫画です。
    https://manga.line.me/indies/book/article?id=5585&t=1466807376293&page=1

      • 新横山祐樹
      • 2016年 6月 26日

      しゃまさん、情報ありがとうございます。

      松家先生のこと気になっていたのでスッキリしました。

      これからも応援していきます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP