注目の記事 PICK UP!

スゴイんだぞ!『えんとつ町のプペル』

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

キングコング西野亮廣こと、にしのあきひろの最新作の絵本『えんとつ町のプペル』が4年半の歳月をかけて、ついに昨日発売された。

誰も見たことのない絵本の世界

4年半の歳月のことなんて、僕はずっと知らなかった。西野さんにどっぷりハマったのは、今年の1月。それでも西野さんが『えんとつ町のプペル』にかけていた想いはたまらなく熱く、本気で僕たちに伝わっていた。発売までとても待ち遠しかった。

過去3作の絵本は、にしのあきひろの真骨頂ともいえる細いペンで描かれた、0.03mmの世界を魅せてくれた。

『Dr.インクの星空キネマ』、

_h475_9784344016101naka

『Zip & Candy』、

mu74xaukxotvrqun44tusdfmp2nn2cnnftqmgsfkeh1arfb3hu6ombmmodlcz7jo

『オルゴールワールド』の3作品では、

nishino2

その線の細かさと描き込み量のハンパなさに度胆を抜き圧倒された。デビュー作から作品のパワーに唸ったが、1作品ごとに絵のクオリティーも確実に上がっていった。

絵だけではなく最高のハッピーエンドを用意された物語は、心地よい読了感に包んでくれて、もう一度もう一度と絵本を繰り返し読み返し、やさしくあたたかい気持ちにさせてくれる。

誰も見たことのない作品を創り続けながらも、彼は『えんとつ町のプペル』を0.03mmのペンで描いている途中で、あるアイデアを思い付く。

img_1318

「絵本を分業制でつくること」

映画やアニメのように、多くのスタッフで分業制にして絵本を創ることを思いついた。

誰も見たことのない世界。

クラウドファンディングで製作費を募り、4年半の歳月をかけてイラスト制作スタッフ総勢33名で描きあげた。誰も見たこのない絵本の世界、『えんとつ町のプペル』を。

964de9ef-c06f-49ea-8f5d-bfb7108ec856

スゴイんだぞ!『えんとつ町のプペル』

発売前日の『アメトーーク』では、「スゴイんだぞ!西野さん」というテーマで西野さんの活動を取り上げていた。

1d9464db1455ffb53506d5b141beba7b

だけど、番組上「変だよね」という感じでお笑いにしていじっていたので、観客や視聴者には伝わりづらかったと思うけど、

本当にスゴイんだぞ!

と僕は想って仕方がない。

おそらく他の芸人さんたちも、それをわかったうえで愛あるいじりをしていたのだと思うが。(鈴木拓さん以外は・・・)

突き抜けている人は、いつの世でも「この人、変」と言われて笑われてきたものだ。大多数の中で野次だけを飛ばしている人が、時代を変えたなんて聞いたことがない。

でも、いじられて「なんや!お前ら!!」って吠えている時の西野さんはめちゃくちゃ面白いんだけどね。

で、今日の朝『えんとつ町のプペル』がポストに届いていた。昨日届いてたと思うんだけどレターパックが横向けに入れられていたから、勝手に「何も届いてない」と判断してポストを開けなかったんだよね。今朝、ポストを開けてみたら、ギュウギュウに横向けに押し込まれていて取り出すの大変やったわ。

『えんとつ町のプペル』の物語の内容も絵も全部知っていたんだけど、やっぱり実物の絵本を手にとってみると全然違う。

fullsizerender

感動する。

そりゃネット上でかわいい女のコを見てるより、実際に生で会って触れた方がイイもんね(なんや、そりゃ)。だからどうしても電子書籍よりか、実際に手にとってページをめくる本が好き。子供の頃、お小遣いで少年ジャンプを買って、全速力で家に帰って読んだドキドキ感。エロ本を買って全速力で・・・おっと・・。そんなドキドキ感。とにかく手に取って読んで欲しい。

絵がすんげー丁寧に描きまれていて、すんげーキレイだから、こっちも丁寧に読んでいると、ゴミ人間のプペルと煙突掃除屋の少年ルビッチの物語が少しずつ熱く熱く胸に込み上げてくる。

叩かれ、笑われ、つまはじきにあっても、

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

この言葉がキョーレツに目頭を熱くさせる。

きっと誰の心にもある孤独感とか、周囲に理解されない想いとか、信じてもらえなくて嘘つき呼ばわりされたりとか、そんな今までこらえていた気持ちが涙に変わる。

スゴイよ、この絵本、マジで。一人でも多くの人に手に取って読んでほしい。

くだらない物差しで人を忌み嫌い、寄ってたかって一人の人間を叩きまくる、この閉塞感だらけの世の中で、「自分」として正直に生きることが生きづらいと感じている人たちに絶対に読んでほしい。

それでも煙突だらけの煙に覆われたその向こうには、「ホシ」があるんだってことを信じぬいてほしい。

『えんとつ町のプペル』、最高じゃ!!

「ドキドキしてる?」

fullsizerender1

 

 

関連記事

  1. 写真家・蜷川実花のアートな世界

  2. 僕の宝物『松家幸治先生サイン本』

  3. キングコング西野亮廣がスゴイ

  4. 清川あさみのアートな世界観が美しい

  5. キングコング西野さん『イラストノート』

  6. 偉大なるジミー大西という画家

  7. 中島健太 画集『WORKS OF KENTA NAKAJIMA』刹那の永遠の命

  8. 『Discover Japan』キングコング西野亮廣論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP