注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。園子温監督に惚れてしまった日。

めて園子温監督の映画『ヒミズ』を観てから、園子温監督の作品が色々と気になり始めた。

暴力シーンや血だらけになるシーンなんかは、個人的には好きではないんだけど(ドラマの手術シーンなんかも苦手)、何故か、その世界に惹きこまれていく。

カラダ中に震えがくるような感覚があり、カラダ全体でその映画を記憶している。

また役者の魅力を引き出すのが上手い。一人一人の個性の魅力を、十分に引き出している。二階堂ふみなんて、すごく好きになった。暴力的なシーンも下品にならず、狂気じみていても、カッコイイ&カワイイ。

それでは、最近観た映画4本のレビューをさせていただきます。

『ジュラシック・ワールド』
監督:コリン・トレヴォロウ
出演:クリス・プラット, ブライス・ダラス・ハワード,ヴィンセント・ドノフリオ, タイ・シンプキンス



もうこのシリーズに慣れてしまった感がありますね。つまらないわけではないんだけど、最初に観た時の感動は味わえない。

それと肉食恐竜って、こんなに凶暴なのか??って思ってしまう。娯楽作品だから凶暴じゃないと、話は始まらないんだけど。

この映画を観ている時に、やはり一作目の『ジュラシック・パーク』を思い出して、『ジュラシック・パーク』は劇場に観に行ったなぁ、と。その時の衝撃はやっぱりすごかった。それはその時代だからだったのか。僕の年齢がそうだったからなのか。

最新作の『ジュラシック・ワールド』は、最新作だからという驚きもなく、今まで通りの恐竜に追われて逃げる映画でした。

『希望の国』
監督:園子温
出演:夏八木勲, 大谷直子, 村上淳, 神楽坂恵

園子温監督の映画で、地震後の原発問題を描いた作品。

架空の県、長島県で起きた話だけど、そこには東日本大震災の出来事をモチーフに描かれている。

住む場所を失い、家族がバラバラになっていったり、放射能汚染の問題など、僕たち日本人が考えなきゃいけないことに真正面から向き合っている。

絶望感があるものの、やはり希望がある。それぞれの人たちが何かを守り何かと戦っている。家族が死に、また新しい家族が生まれようとしている。

決して他人事ではなく、いつ、また、大きな災害で僕たちは被災するのかわからない。

映画を観て、僕たちはどう生きて、何を大切にしていくのか、そんなことを考える時間も必要だと思った。

『地獄でなぜ悪い』
監督:園子温
出演:國村隼, 堤真一, 長谷川博己, 星野源


この映画は、もうめちゃめちゃ。

血が苦手な僕だけど、圧倒的な世界観を見せられちゃうと、もうこっちも引き返せない。

あぁ、キャスティングもいい。バカばっかりなんだけど皆、自分の主張を持っている。そのバカたちが集結したら、ヤクザ同士の抗争を映画撮影しちゃおうってことになるんだから、もう止まらない。

役者たちも、皆イイ。二階堂ふみは『ヒミズ』に続いて、また良かった。

img_12

20140719120701

他の出演作品を観てないから、何か観てみようと思う。

そして園子温監督にかなり興味を持った。著書なんかも読んでみよう。

『地獄でなぜ悪い』は展開がバカで、だけど怖くてやっぱりバカで、カラダ全身で映画を体感した。ここまで振り切ってくれると嬉しくなる。

『ジュラシック・パーク』
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:サム・ニール, ローラ・ダーン,ジェフ・ゴールドブラム, リチャード・アッテンボロー

『ジュラシック・ワールド』を観たら、また観たくなってしまった。この映画は公開当時、劇場に観に行った。1993年の映画ということは、23年前か。僕が16歳の頃だ。すごく衝撃的だったな。恐竜が本当に生きているように動いていた。今観ても、やはりスゴイ。『ジュラシック・ワールド』よりも面白い。恐竜めちゃくちゃコワイ。

いろんなピンチを寸前で回避しては、また次なるピンチがやって来るというお決まりのパターンだけどドキドキする。

久しぶりに観たけど面白かったな。


関連記事

  1. 最近観た映画4本。『亜人』『アトミック・ブロンド』他

  2. 新海誠監督『天気の子』を観てきたのだ。*ネタバレ注意

  3. 最近観た映画4本。竜二と座頭市。

  4. 最近観た映画16本。塚本晋也監督が好き。

  5. 最近観た映画4本。またもや園子温監督作品。

  6. 『君の名は。』を観てきた。

  7. 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観てきたのだ。

  8. 最近観た映画8本。『美女と野獣』最高!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP