注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。園子温監督中毒。

回、観た映画は4本とも園子温監督作品。

『ヒミズ』『希望の国』を観て、『地獄でなぜ悪い』で失禁、脱糞した。

それからまた4本立て続けに園子温監督作品を観た。

それでは、レビューをさせていただきます。

『冷たい熱帯魚』
監督:園子温
出演:吹越満, でんでん, 黒沢あすか, 神楽坂恵

いやぁ、コワイですね。この映画、すごくコワイ。

人間の心の中の闇や狂気が描かれていて、でんでんさんが演じる村田という男が本当に恐ろしい。ユーモアがあって、人のイイおじさんのように見えて、詐欺師特有のあの感じ。

ニコニコ近づいてきて、気性が激しかったり、「お前は特別だ」みたいな言葉で、取り込もうとする。

人の弱みをとにかく刺激して、自分のペースにする。

元々、愛犬家殺人事件っていう実際の連続殺人事件をモチーフにして、熱帯魚に代えて映画化したもの。

ちょっと気の弱い社本っていう主人公が、村田に出会って人生を狂わせていくんだけど、こういう出会いって僕たちの日常にも潜んでいる。こういうオッサンいるもん。やたらと声がでかくて自分のペースに巻き込んでいって、相手を取り込むオッサン。絶対に近づかない方がいい。でんでんさんの演技がリアルでコワイ。でんでんさんを街で見かけたら、全速力で逃げるね。

『TOKYO TRIBE』
監督:園子温
出演:鈴木亮平, YOUNG DAIS,清野菜名, 佐藤隆太

ラップミュージカルという、なかなか難しい挑戦をした作品。漫画が原作だけど、僕は原作を読んだことがない。先ず僕がラップを普段全然聴かない。それを映画のストーリーに乗せるわけだから、ラップミュージカルシーンが僕にとっては長すぎた。ギャング達の抗争をミュージカルで描く、『ウエストサイド物語』というのが有名な作品であるけど、ギャング達の抗争をラップで表現してみたかったのかな。

すごくエネルギッシュでパワーのある作品。

役者陣も魅力的だしイイところも沢山あるが、僕個人はラップミュージカルのシーンはもっと減らしてほしかった。

ほとんどラップで見せるよりも、要所要所で見せてくれた方がメリハリがあってイイ。

例えば『ダンサー・イン・ザ・ダーク』という映画があるんだけど、この映画はミュージカルシーンのメリハリがとても上手かった。

しかし園子温監督の挑戦は、正直スゴイと思うし、映画の雰囲気はカッコ良かった。

『リアル鬼ごっこ 2015劇場版 』
監督:園子温
出演:トリンドル玲奈, 篠田麻里子, 真野恵里菜

『リアル鬼ごっこ』の別バージョンの映画は観たことがあったんだけど、園子温監督バージョンは初めて。

これも個人的な意見だけど、学生たちが血だらけになって殺される映画はもうウンザリ感がある。『バトルロワイアル』の時は衝撃的だったけど、その後『悪の教典』やら何やらで、もういいかなぁという感じ。

大量に死んでいく学生たちの映画は、映画としての面白さもあるけど、不快感もある。また園子温監督のはグロい。血が苦手な僕にとっては、金玉が縮んでしまいそうな想いなのだ。

『TOKYO TRIBE』『リアル鬼ごっこ』を観て、あれ?おいおい?って思った。『冷たい熱帯魚』で受けた激震がない。なんか三池崇史感を感じた。人気の原作をテキパキと調理していく感じ。

僕が園子温監督作品に求めてるのは、ファミレスの料理じゃない。口の中に入れて一瞬吐きだしてしまおうかと思うんだけど、食べだしたらクセになるような料理。

園子温は自身が原作をして、脚本、監督をする映画にこそ、大いなる魅力を発揮する人だと思った。

『愛のむきだし』
監督:園子温
出演:西島隆弘, 満島ひかり, 安藤サクラ

この映画なんと言っても4時間ある。時間だけで観ることを離脱してしまう人も多いだろう。それではもったいない。僕は感動して泣きそうになった。

この4時間というのは、園子温監督のエネルギーが詰まっている。

本当に愛のむきだしだと思った。

愛って何やろう??その答えが、この映画にあった。

ラストまで観たら、きっと感動する。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。とんでもない映画を観た!

  2. 蜷川実花監督『Diner ダイナー』を観てきたのだ。

  3. 『ゴッホ 最期の手紙』『ファイティン!』を観たのだ。

  4. 最近観た映画4本。ドキッ!『座頭市』だらけの映画大会。

  5. 最近観た映画4本。ありの~ままで~。

  6. 最近観た映画4本。全ての映画ジャンルの頂点はカンフー映画。

  7. 最近観た映画4本。『愛しのアイリーン』『ごっこ』他

  8. 最近観た映画4本。園子温監督作品まだまだ観るよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP