注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』レオ様の変貌に拍手。

オナルド・ディカプリオといえば、『タイタニック』で、世の女性たちのハートを虜にしたのだが、最近は、かなりワイルドな風貌になった。

その変貌ぶりは、役者として正しい選択であっただろう。

日本の織田裕二が、『東京ラブストーリー』という大ヒットドラマ出演の後、仕事のオファーが『東京ラブストーリー』のカンチ役みたいな青年ばかりで、そのイメージをぶち壊したかったという。そして見事に『振り返れば奴がいる』で悪役を演じて、カンチのイメージを払拭した。

レオナルド・ディカプリオも、あのまま『タイタニック』路線で、カッコイイ役ばかりをしていたら、つまらない役者になっていただろう。

今回観た『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、最高すぎるゲスっぷりで僕は心から拍手を送りたい。

それではレビューをさせていただきます。

『電人ザボーガー』
監督:井口昇
出演:板尾創路, 古原靖久, 山崎真実, 宮下雄也

わざとB級映画を撮っているけど僕は笑えなかった。撮ってる人は楽しいだろうなぁと思う。こういうバカなことを大人たちで真剣に出来たら楽しい。しかし観てる方はそうでもない。

学生の演劇サークルみたいなもので、サークル連中は楽しいだろうけど、観てる方は何だかノリきれない。

かと言って悪いわけではない。こういう映画は必要だと思う。どんどんおバカをやってほしい。

んー、決して嫌いじゃないけどノリきれなかった。

『父の日』
監督:園子温
出演:鈴木卓爾,林文浩,萩原明,倉本美津留

227x227bb

これ13分の映画。というか、どうやらAV作品だったらしい。最初「えー、これが園子温監督作品??」って思った。「あー、ダメだ」って。だけど園子温監督作品だと思うと、こっちはその先入観がある。例えば、ピカソの落書きみたいな絵を見た時に、ピカソ作じゃなければ、無視するかもしれないけど、ピカソ作だと知っていれば、「うーん、この絵の意味は・・・?」なんて、この絵に何かあるんじゃないか?と、難しい顔して考えこむみたいな。そう考えると、何故だかこの作品の中にも光るものが見えてくる。全員バカでシュールなようで、シュールでも何でもないような。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ, ジョナ・ヒル,マーゴット・ロビー, マシュー・マコノヒー

映画は3時間あるんだけど、退屈なシーンは一切ない。

レオナルド・ディカプリオのゲスっぷりが、何故か魅力的。いや、この主人公は嫌い。嫌いだけどディカプリオはスゴイなぁと唸る。カネとドラッグとSEXに溺れる。レオ様の演技は必見!

『ロープ』
監督: アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジェームズ・スチュアート,ファーリー・グレンジャー

ちょっとヒッチコック作品を観ていこうと思う。昔、何本か観たけど、だいぶ忘れてしまった。

今回は『ロープ』。んー、恐ろしさも緊迫感も感じなかった。さすがにかなり昔の映画だから、その後にさんざん色んな刺激的な映画があるからね。

それでもヒッチコックは好き。ヒッチコックの姿が一番不気味だけど。

今後また、他のヒッチコック作品も観ていきます。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。好きだったルパン三世が嫌いになった日。

  2. 最近観た映画4本。素晴らしい監督たち。

  3. 最近観た映画4本。またまたタランティーノ作品ばかり。

  4. 最近観た映画4本。一風変わった映画たち。

  5. 『クロッシング・ガード』『不能犯』を観たのだ。

  6. 『万引き家族』を観てきたのだ!*ネタバレ注意

  7. 最近観た映画4本。やっと『ラ・ラ・ランド 』を観た。

  8. 『男はつらいよ お帰り 寅さん』を観てきたのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP