注目の記事 PICK UP!

園子温監督『東京ヴァンパイアホテル』を観たのだ。

ましたがな。

楽しみにしていたが、正直に言うと感想に困る作品だった。

予告編は文句なしに面白そうだった。

園子温監督のオリジナルドラマとあらば、そりゃもう、よだれダラダラですわ。

だがモノすごくイイところと悪いところが一緒にやってきた感じで、手放しに面白いとは言えないしツマラナイとも言えない作品であった。

『東京ヴァンパイアホテル』

監督 : 園子温
出演 : 夏帆満島真之介冨手麻妙

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

感想

 

魅力的なキャスト

 
すごく良かったのは、魅力的なキャスト陣

夏帆も満島真之介も良かったし、安達祐実もすごく良かった。

この役どころは安達祐実以外に考えられない。

個人的には、しょこたんにもっと登場して欲しかった。

しょこたんが出ていたところぐらいまでは面白くなりそうな展開であった。

話はドラキュラ族とネオヴァンパイア族の争いなので、魅力的なキャスト陣が集中するのはわかるが、人間たちがちょっとインパクトのあるキャストがいなかった。

だから人間たちには感情移入しない。

人間たちを応援する気になれなかった。

 

原色の色彩映像美

 
色使いが赤や青、黄、緑等、原色を大きく使って映像をカラフルにしている。

ヴァンパイアと言うと黒を安易に使いそうだが、衣装もホテルも、みんなカラフルで視覚的に面白い表現であった。

 

地上波では出来ない試み

 
なんやかんや言うてもオリジナル作品で、思いっきりぶっ飛んだことをしたというのは、それだけですごく評価されるべきである。

地上波でやっている腑抜けなドラマを、もちろんAmazonプライムで作る必要はないのだ。

園子温監督やスタッフ、キャストの方々が思いっきりぶっ飛んで面白いモノを作ろうとしているその心意気や情熱を感じた。

 

全体的に

 
すんごくイイところがいっぱいあるが、チープなところも目立つ。

「金をかけてるなぁ」と思うところもあれば、志村けんのコントぐらいな感じでチープなところもある。

映画はその世界観が大事なのでチープにはチープの良さもあるが、「手抜きしたのかな?」と感じたところはマイナスポイントであった。

全9話にするほどの物語ではなかった。

面白いドラマは続きが気になってイッキ観をしたりするが、なかなか観ることに体力がいた。

全5話ぐらいでハラハラさせながら、まとめ上げた方が良かった。

Amazonレビューも賛否で分かれている。

賛否分かれれている方が作品の存在としては面白いが、賛も否もわかるなぁという感じ。

バットを長く持ってブンブン振り回している感じは好き。

バットを短く持って軽くヒットを狙おうとか、そんな姑息な手段ではなく、三振かホームランか、そんな作品。

観終わってから何日たっても映像が頭に残っているのは作品にパワーがあった証拠だが、とにかく感想に困る作品であった。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。面白いんだけど、もどかしい。

  2. 最近観た映画4本。戦争映画を観て、戦争の愚かさを痛感すべき。

  3. 最近観た映画4本。嫌いな恋愛映画を観てしまって傷ついたぜ。

  4. 最近観た映画3本。『時をかける少女』の世界。

  5. 映画『ニューヨーク1997』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。『未来のミライ』『MEG ザ・モンスター』他

  7. 最近観た映画4本。『赤ちゃん泥棒』『座頭市と用心棒』他

  8. 最近観た映画8本。『美女と野獣』最高!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP