注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。呉美保監督『きみはいい子』一級品!

美保監督の美しい旋律にまいった。

女性の感性と映像テクニックが、重く自分に迫ってくる。

今後の作品も必ず観ていきたい監督。

『きみはいい子』
上質な一級品を見せられた。
全てレベル高すぎ。

監督:呉美保
出演:高良健吾, 尾野真千子,池脇千鶴, 高橋和也



どれも一級品、上質なモノを見せられた感。指揮者、奏者、素晴らしいテクニックで、最高のクラシックを聴いた感じ。

散りばめられた断片的な物語が、乱雑になることなく、綺麗に見事にハマっていく。

圧倒的な子役たちの上手さ。

多数の人間が一人一人、勝手な動きをしているようで無駄がなく、それは雨の一粒一粒、桜の一枚一枚まで、全てがこの映画を作るために繊細に丁寧に動いていく。

この映画に携わった人、全員に文句なし。大好き!

尾野真千子が演じるママと池脇千鶴が演じるママが対照的で、なんでこの二人がママ友なんだろう?って、そこは引っかかってた。尾野真千子がおとなしくて、池脇千鶴がベラベラ喋って、絶対に友達にならんよなぁと疑問だったが、後半でその謎も解けて、引っかかりが消えてスッキリした。

高橋和也もイイ。『そこのみにて光輝く』での上手さも異常だったけど、めちゃくちゃイイね。

呉美保監督はスゴイです。

『パッチギ!』
僕は世代じゃないが、
世代がハマれば面白度UP。

監督:井筒和幸
出演:塩谷瞬, 高岡蒼佑,オダギリジョー, 余貴美子



有名な作品で評判もいいけど、僕は世代じゃない。世代がどんぴしゃハマれば、面白度はUPするんだろうな。

主役って塩谷瞬だったんだと観終わってから知った。

この出演者たち後に色々あったけど、個人的には高岡蒼佑、好き。なかなか男っぽい風貌してる。今の役者ってなんか女っぽいっていうか、男くささがないね。高岡蒼佑はいい感じ。色々あったけど全然尖がっててイイと思う。

沢尻エリカも純朴な感じで良かった。

井筒監督のパワフルさが存分に出ていて面白かった。

『第9地区』
前半でクソ映画と思ったが、
後半で素晴らしい映画と思った。

監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャルト・コプリー, デヴィッド・ジェームズ,ジェイソン・コープ, ヴァネッサ・ハイウッド



全然内容知らないで観たら、前半で「は?何?このクソ映画?期待ハズレや!」と思って、観るの挫折しそうになったけど、どんどん展開が面白くなってくる。最初は宇宙人の姿がありきたりで、つまらなかった。宇宙人が人間と会話して、しかも人間にいじめれて「なんや、このクソ映画」と思った。ドキュメンタリータッチで描く感じもつまんなかった。

でも後半になってどんどん展開が面白くなる。

主役じゃないと思っていたオッサンが主役で、何故か、人間よりも宇宙人側に感情移入している自分がいたり、とにかく素晴らしい映画だと印象が変わった。

脚本にツッコミどころはあるにせよ、全然楽しめる映画だった。

それに差別する側と、差別される側の見せ方がうまかったので考えさせられた。

『怒り』
重いようで軽い。
深いようで浅い。

監督:李相日
出演:渡辺謙, 森山未來,松山ケンイチ, 綾野剛

かなり重圧そうなテーマの映画だろうな、と思った。登場人物の顔が皆、いかにも何か背負いこんでますって顔つき。

殺人現場のシーンで始まるんだけど、「あぁ、またコレかぁ」って感じ。血まみれの死体から始まるって、斬新なようですごく安易な表現。

殺人犯らしき容疑者を何人か登場させて、「誰が犯人?」みたいな思わせぶりを繰り返しながら、そんなに驚きのない結末へと向かっていく。

全員暗い顔して全然人生が楽しくなさそうなんだけど、美男美女では説得力がない。「何が不満やねん」って思う。すごく重い雰囲気なんだけど、なんか軽い。深いようで浅い人間ドラマ。そして見飽きたキャスティング。邦画のキャスティングは全然冒険しない。

それは人間ドラマの弱さをキャスティングでカバーしているようにも感じる。

全然知らないけど、すごいイイ味を出している役者とかそういうの数人入れて欲しい。

それでも映画としては二時間引っ張るだけのチカラはあるし、作品のエネルギーも感じた。


関連記事

  1. 『君の名は。』を観てからの俺。

  2. 最近観た映画4本。『スティーブ・ジョブズ』、『漫才ギャング』他

  3. 最近観た映画4本。日本の良き監督たち。

  4. 映画『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。邦画は『ロッキー』を見習え。

  7. 映画『モスラ対ゴジラ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP