注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。それぞれの見せ方、スタイル。

画のジャンルにおいても色んな演出があり、銃撃戦をエンタメとして派手に演出していく術もあれば、『ランボー最後の戦場』のようにリアルな描写で目を背けたくなる演出もある。

一味違った映像美で魅せる、ウォン・カーウァイの『グランド・マスター』はカンフー映画として異質であった。

LONGINUS
内容忘れるほど印象ない・・・。
カッコつけただけの映画。

監督:北村龍平
出演:櫻井敦司, 魚谷佳苗, 松本実

Amazon

40分の中編もので内容が薄く、内容を忘れてしまうぐらい薄かった。

カッコつけた感が終始あった。

他の映画を立て続けに観た後で、本作の感想書こうかと思った時には内容が思い出せない。

イイとか悪いとか、そんな感想すらも思い浮かばない。

 

『ランボー 最後の戦場』
悲し気に戦う男。
リアルな描写に複雑な想い。

監督:シルベスター・スタローン
出演:シルベスター・スタローン, マシュー・マースデン,グレアム・マクタビッシュ

Amazon

Amazon Prime Video

戦場での殺戮シーンがリアルで壮絶。

子供の頃に観た「ランボー」はエンターテイメント的で、バンバン爆破等をして楽しむ映画だった気がしたが。

過去作品の「ランボー」も見直してみようと思った。

過激な描写の技術力の高さに目を奪われた。

臨場感が見事である。

スタローンの存在感に説得力があり、スタローンが戦っている勇姿が観れるだけで魅力度が増す。

リアルな描写での戦場の風景は、複雑な気持ちになる作品であった。

 

『サバイバルファミリー』
コメディー要素と、
現実的なリアリティーを描いた。

監督:矢口史靖
出演:小日向文世, 深津絵里, 泉澤祐希, 葵わかな

Amazon

Amazon Prime Video

電気や水道、ガスもストップしてサバイバル生活を送る家族。

その模様をコメディータッチで描きながら、時折過酷な現実を叩きつけるリアリティーがある。

現実世界で本作のような事態が起きた時に「こんな風になるかぁ?」という疑問とツッコミどころもあったが、「こういう風になるであろう現実」を叩きつけられた時には、自分はどう生きるのかを考えさせられた。

 

『グランド・マスター』
カンフーを映像美で魅せた。
マネ出来ないカッコ良さ。

監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン, チャン・ツィイー,チャン・チェン

『恋する惑星』や『天使の涙』のウォン・カーウァイ監督が、どんなカンフー映画を撮ったのか?と興味を持ったが、さすがにカッコ良かった。

カンフーは大したことない。

ジャッキーチェンのようなスピード感もないし、驚くようなアクションではない。

しかしカンフーの動きをひとつひとつ見せて、カッコ良く描いている。

ほとんどがスローモーションでカンフーの技を見せながら、夜の雨降る中で水しぶきがカッコ良く飛び散ったり、その映像美に魅了された。

イップマンという実在する人物を映画なりに描いており、ブルース・リーの師匠であるということで、他のイップマンに関する映画も観たくなった。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。面白い日本映画。

  2. 映画『ヒート・アフター・ダーク』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『マリグナント 狂暴な悪夢』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 最近観た映画4本。『マッド・ダディ』『BLEACH』他

  6. 最近観た映画4本。竜二と座頭市。

  7. 映画『お葬式』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ウィッチサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP