注目の記事 PICK UP!

最近観た映画4本。それぞれの見せ方、スタイル。

画のジャンルにおいても、

色んな演出があるけど、銃撃戦をエンタメとして派手に演出していく術もあれば、『ランボー最後の戦場』のようにリアルな描写で目をそむけたくなる演出もある。

 

また一味違った映像美で魅せるウォン・カーウァイの『グランド・マスター』はカンフー映画として異質であった。

LONGINUS
内容忘れるほど印象ない・・・。
カッコつけただけの映画。

監督:北村龍平
出演:櫻井敦司, 魚谷佳苗, 松本実

40分の中編ものなので、内容は薄いっちゃあ薄いけど内容忘れてしまうぐらい薄かった。カッコつけた感がずっとあった。

他の映画を観て、さぁ感想書こうかと思ったら内容が思い出せない。イイとか悪いとか、そんな感想も思い浮かばない。つまらなかったわけではないと思うが。

『ランボー 最後の戦場』
悲し気に戦う男。
リアルな描写に複雑な想い。

監督:シルベスター・スタローン
出演:シルベスター・スタローン, マシュー・マースデン,グレアム・マクタビッシュ



戦場での殺戮シーンがやたらとリアルで壮絶だった。子供の頃に観たランボーって、もっとエンターテイメント的で、バンバン爆破とかして楽しむ映画だった気がしてたけど違ったかな・・・、また過去作品も見直してみようと思った。

その描写はモノを作る人間としては、映画の内容よりも、その技術力の高さに感心してしまい、参考にしようと思った。

ウソはウソでイイんだけど、ウソがヘタだと冷める事もあるから、ランボーの臨場感は見事だった。

ストーリーは、そんな大した事ないけど、スタローンの存在感に説得力がある。スタローンが戦っている、その姿だけで画面食いつく。

ただエンターテイメント的ではなく、リアルな描写で人を殺していくから、複雑な気持ちになる映画ではあった。

『サバイバルファミリー』
コメディー要素と、
現実的なリアリティーを描いた。

監督:矢口史靖
出演:小日向文世, 深津絵里, 泉澤祐希, 葵わかな

電気や水道、ガスなんかもストップして、サバイバル生活になる。その風景をコメディータッチで描きながら、時折あまりにも過酷な現実を見せつけれるようなリアリティーがある。

現実にこの映画のような事態が起きた時に、「こんな風になるかぁ?」という疑問と、ツッコミどころもあるように思うけど、「こういう風になるであろう現実」を叩きつけられた時、自分はどう生きるのかを考えさせられた。

次から次へと話が展開していくので、飽きないし全然面白かった。役者陣も皆、良かった。

『グランド・マスター』
カンフーを映像美で魅せた。
マネ出来ないカッコ良さ。

監督:ウォン・カーウァイ
出演:トニー・レオン, チャン・ツィイー,チャン・チェン

『恋する惑星』とか『天使の涙』のウォン・カーウァイが、どんなカンフー映画を撮ったのか?と思ったが、さすがにカッコ良かった。

カンフーは大したことない。ジャッキーチェンのようなスピード感はないし、驚くようなアクションはない。

しかしカンフーの動きをひとつひとつ見せて、カッコ良く描く。

ほとんどがスローモーションでカンフーの技を見せながら、夜の雨降る中でのアクションの水しぶきがカッコ良く飛び散ったり、その映像美に感心した。

イップマンという実在する人物を映画なりに描いて、ブルース・リーの師匠であるという事から他のイップマンに関する映画も観たくなった。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。アル・パチーノさん最高です。

  2. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。全部、喰っちゃうね!

  4. 最近観た映画4本。『シェイプ・オブ ・ウォーター』『クソ野郎と美しき世界』他

  5. 映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『ぼくらの7日間戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。好きだったルパン三世が嫌いになった日。

  8. 最近観た映画4本。戦争映画を観て、戦争の愚かさを痛感すべき。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP