注目の記事 PICK UP!

最近観た映画8本。『バリーリンドン』最高!

末だ。大晦日だ!

29日は東京での忘年会にお誘いいただき、非常に有意義な時間を過ごした。

数人の方々とお会いしたが、全員僕は初対面であったという。映画談義に花が咲き楽しかった。

で、ブログの方も今月はあまり更新していないので、書いておきます。

最近観た映画のレビューです。

『マキシマム・ソルジャー』
ジャケに騙されたけど、
だんだん面白い展開になった。

監督: ピーター・ハイアムズ
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム,トム・エヴェレット・スコット



ジャン=クロード・ヴァン・ダムの映画を、久しぶりに観ようとしたら何だか変な悪役だった。最初は失敗したなぁと思いながら観てたけど、だんだんと面白い展開になっていって、結局最後まで観た。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』
先入観なく楽しめたが、
物語の盛り上がりには欠けていた。

監督:ルパート サンダース
出演:スカーレット ヨハンソン, ビート・タケシ キタノ,マイケル カーメン ピット, ピルー アスベック

『攻殻機動隊』原作の漫画もアニメも知らないので、先入観なくこの映画単体で観る事が出来た。世界観は素晴らしいと思う。

これは大体CGの技術のスゴさに、いつも驚かされる。CGって何でも出来るんだな、と。ただCGの技術がスゴイと、物語は希薄になりがち。

オープニングのアクションとか面白かったので、後半も期待したが後半はそうでもない。

後半はビートたけしが、『アウトレイジ』かのように銃弾をバン!バン!で片付けちゃう。

もっと飛んだり跳ねたりしないのかよ!そんな盛り上がりを待っていたが、盛り上がりに欠けていた。

『レフト・ビハインド』
謎が謎のまま終わり、
神様のしたことで丸め込む宗教映画。

監督:ヴィック・アームストロング
出演:ニコラス・ケイジ,チャド・マイケル・マーレイ,リー・トンプソン

ニコラス・ケイジの何とも言えない哀愁ある顔が好きで、観てみようと思った映画。

内容はパニック映画だと思い観ていくが、どうも神様というワードばかり出てくる。

街や飛行機内から、人間が忽然と姿を消すが、その謎は謎のまま・・・。

「神様だ」そんな一言で、謎を解明した気になっている。

この映画を観たら、大切な人を大切にしようという当たり前のことを考えされられて、神様を信じようという信仰心が芽生えるようなそんな作りになっている。でも、これは映画だ。パニック映画を扱っておいて、そんなことでは誤魔化しちゃいけない!

忽然と多くの人たちが消えた。ならば僕は、それは神様のしたことではなくて、悪魔の仕業だと考えよう。

『ターミナル』
心あたたまる系の感じ。
僕の心は冷めきっている。

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス,キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

『フォレストガンプ』的なお決まりのトム・ハンクスに、またこのパターンかと思って観る。ドジだけど、心あたたかい主人公に、周囲の人間も少しずつ変化していく。そんな心あたたまるヒューマンドラマに、僕の心は冷めきっている。いや映画は全然悪くないんだけど、このパターンはもういいか・・・と。

萌の朱雀 
美しい映像に惹かれる。
しかし物語は好みではない。

監督:河瀬直美
出演:國村隼, 尾野真千子,和泉幸子, 柴田浩太郎

映像がとても美しく、上手い撮影方法にもぐいぐい惹き込まれる。

しかし、一緒に住む血のつながりのない兄妹だけど、妹が兄の事を好きで、その話が僕にとっては好みではない。感情移入どころか、感情離出(造語)である。

でも河瀬直美監督の世界観は良かった。

奇妙なサーカス Strange Circus
面白い題材だけど、
観ていて気持ち悪い。

監督:園子温
出演:宮崎ますみ, いしだ壱成, 桑名里瑛,高橋真唯, 不二子

観ていて気持ち悪かった。

ホラー系のスプラッターとかは全然OKなんだけど、こういう感じのグロさはダメ。

題材は面白いけど、ただただ気持ち悪い。

『バリーリンドン』
一人の男の人生物語。
物語も映像の素晴らしい!

監督:スタンリー・キューブリック
出演:ライアン・オニール, マリサ・ベレンソン,パトリック・マギー, ハーディ・クリューガー

やはりスタンリー・キューブリックはスゴい。

ワンカット、ワンカットの魅力はもちろんのこと、一人の男の人生にフォーカスした物語も最高に面白かった。

ジョン・ウー監督の映画での銃撃シーンで白い鳩が飛ぶという演出は、絶対的に『バリー・リンドン』からパクッていると確信した。

キューブリック監督の無駄のないシーンの数々に魅了された、めちゃくちゃ好きな映画。

追憶
ベテランスタッフ陣と、
若きキャスト陣で織りなす良作!!

監督:降旗康男
出演:岡田准一, 小栗旬, 柄本佑,長澤まさみ, 木村文乃

監督は降旗康男、撮影は木村大作で、さすがに映像が美しい。

猛吹雪、豪雨、夕焼け、海、そんなシーンに目を奪われる。

そして、若手キャスト陣を起用しているのが素晴らしい。

物語も展開が面白くて、重いテーマをしっかりとした人間描写で描き、非常に良かった。

関連記事

  1. Netflix映画『オールド・ガード』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 『君の名は。』を観てからの俺。

  3. 最近観た映画4本。巧みな演出作品たち。

  4. 『蠱毒 ミートボールマシン』血沸き肉躍る純愛映画!!

  5. 新海誠監督『天気の子』を観てきたのだ。*ネタバレ注意

  6. 映画『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 映画『KILLERS キラーズ 10人の殺し屋たち』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『ハッピー・デス・デイ』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP