注目の記事 PICK UP!

塚本晋也監督『斬、』、舞台挨拶に行ってきたのだ。

11月24日に立川にて、塚本晋也監督『斬、』を観てきたのだ。

立川で舞台挨拶もあるという事で、前々から心待ちにしていた塚本晋也監督の『斬、』を観賞。

8月に塚本監督の『野火』を千葉まで観に行って、サイン会にも参加して初対面して、まさか今年中にまた塚本監督を拝見できるとは思わなかった。

映画『斬、』

塚本監督の時代劇と聞いたら、そりゃ楽しみで仕方ない。

予告編で、泥まみれになっている侍を観て「おっしゃ!!」と僕は喜んだ。その時代に生きて、その時代を体験している人は現在いないけれど、テレビで観る時代劇って、なんかキレイなんだよね。もっと泥まみれで、無精ひげ生やしていたり、刀と刀で斬り合うって、そんなキレイな画(え)ではないと思っている。

『斬、』は、泥まみれ、汗まみれ、血まみれで、その表現描写があるだけで、最高に嬉しかった。

刀と刀で斬り合うわけだから、腕が飛んでったり、血しぶきがあがったりするのは当然のことなんだけど、塚本監督はキッチリと描いてくれていた。もちろんエンターテイメントだから、そういった表現をしなくても、キレイでカッコイイ世界を描いてもイイのだけど、僕が観たかった時代劇はまさに塚本監督の時代劇。

勝新太郎の『座頭市』で、斬られた鼻が柱にべちゃっとくっつくシーンが好きで、そういう表現が虚構の世界にリアルを生む。

そして役者陣の顔。池松壮亮さんと蒼井優さんは、すごくキレイな顔立ちだけど、中村達也さん率いる連中の顔つきが、素晴らしく良かった。

黒澤映画の時代劇って、やっぱり役者の顔がとてつもなくイイ。

迫力のある顔を持った役者って、今の時代なかなか少ないと思うが、『斬、』では迫力のある顔が並び、自分が観たかった時代劇がそこにあった。

塚本監督の斬り合いも、臨場感溢れドキドキして面白かった。

人が殺されて、人を斬るという事が、また人を斬るという事に繋がり、人を斬るという事が、あまりにも虚しく連鎖していく。

刀を握り、刀を見つめて、やがて狂気と化する池松壮亮さんの内面から湧き出てくる繊細な演技が非常に素晴らしかった。

あまりにも理不尽で残酷な現実を目の当たりにして、次第に心が壊れていく蒼井優さんの演技も観る者の心に迫ってくる。

『斬、』は、心の内側にどんどん迫ってくる映画だ。まるで刀の刃先を目の前に向けられて、「お前どうする?」と自分に問われている感覚に陥るのだ。

舞台挨拶
横浜での舞台挨拶を終えて、立川に向かっているらしかったんだけど、まさかの渋滞にハマッてしまったらしく、舞台挨拶に間に合わないとのこと。電話の音声を劇場で流し、お客さんに話しかけるという珍事があり、それはそれで面白かったが、場所を変えて、別時間で舞台挨拶をする事に。

それで、写真撮影もOK、帰りはキャストがお客さんと握手してお見送りをしてくれるというサービスをしてくれて、面白い貴重体験であった。

個人的に印象に残った話は、池松壮亮さんが「『斬、』は反戦映画だと思っている」という言葉と、池松壮亮さんが塚本監督のファンで、マネージャーを通して連絡したら、実はその時、塚本監督は時代劇を池松壮亮さん主演で考えていたという事。見事な相思相愛っぷりだったのだ。撮影したい時期と、池松さんのスケジュールが空いていたという、またしてもミラクルで『斬、』は出来上がった。ミラクルだけど、僕はこういうのってミラクルではなくて、必然的に導かれるように引き寄せられたんだなぁと思う。

映画も舞台挨拶も最高でした。

 

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『遊星からの物体X』『お米とおっぱい。』他

  2. 最近観た映画4本。『竜二』は、やっぱりカッコイイ!

  3. 最近観た映画4本。カッコイイ男たち。

  4. 『レディ・プレイヤー1』『大脱出2』を観たのだ。

  5. 最近観た映画4本。面白い日本映画。

  6. 最近観た映画4本。黒沢清づくし。

  7. 最近観た映画4本。『犯罪都市』『15時17分、パリ行き』他

  8. 最近観た映画4本。ドキッ!『座頭市』だらけの映画大会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP