注目の記事 PICK UP!

映画『ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

球外生命体が地球人を襲うパニック映画というのは、なんだかんだと言って面白いものだ。

それは最悪な状況になればなるほど面白い。『ライフ』の火星生命体である通称「カルビン」も思う存分暴れてくれて、観ている側を楽しませてくれるのだ。

『ライフ』
宇宙飛行士たちの身勝手な行動。
カルビンだってカルビンの事情がある。

監督:ダニエル・エスピノーサ
出演:ジェイク・ギレンホールレベッカ・ファーガソンライアン・レイノルズ

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が、密室の無重力空間で直面する恐怖を描いたSFスリラー。

『デッドプール』のライアン・レイノルズ、『サウスポー』のジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のレベッカ・ファーガソン、『ウルヴァリン:SAMURAI』の真田広之が共演。

『デンジャラス・ラン』でもレイノルズと組んだダニエル・エスピノーサが監督。

『デッドプール』のポール・ワーニック&レット・リースが脚本を担当。

2017年製作/104分/PG12/アメリカ
原題:Life
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

あらすじ

 
火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査するため、国際宇宙ステーションに世界各国から6人の宇宙飛行士が集結した。

まさに神秘としか言いようのない地球外生命体の生態に彼らは驚愕する。その細胞は次第に進化と成長を遂げ、高い知能を誇るようになる。

世紀の大発見に立ち会った彼らだったが、やがて地球外生命体に翻ろうされて、宇宙飛行士たちの関係は揺らぎ始める。

刻一刻と事態が悪化する中で、命がけで生命体を隔離しようと試みるも、ついには命を落とす者も。

助けを呼べない宇宙で追い詰められた彼らは・・・。

 

感想

 
『ライフ』というタイトルと宇宙飛行士の顔が並んだポスターだけを見ていたら、「こんな内容の映画だったなんて知らなかった」。ヒューマン系の感動映画だなんて勝手に勘違いしていてゴメンなさい。

この映画は捕らえた火星の生命体が地球人を襲うという、少年心をくすぐる内容の映画だったのだ。しかも国際宇宙ステーション内での無重力空間による6人の宇宙飛行士のみの密室劇。

捕らえた火星の生命体の発見に浮かれて、「カルビン」と名付けて愛着を持つ地球人たち。「そりゃ地球人が悪いよね」とカルビンに同情しちゃってる自分がいる。

だってもし自分が他の星の生命体に捕らえられたとしたら、そりゃ暴れるよね。カルビンにしてみたら、「こいつら始末しちゃえ~!!」っていう気持ちになって当然。地球人のことを食べちゃうぐらいだから、もしかしたら食事を楽しんでいただけかもしれないけど。何はともあれ、カルビンにはカルビンの事情ってものがあるんだから、地球人が勝手に好意を抱いて仲良くなろうってのも無理がある。

それにしても選ばれし6人の宇宙飛行士は優秀なはずなんだろうけども、皆、我を忘れて身勝手な行動ばかりとるから、どんどん状態は悪い方向へと向かっていっている。これじゃカルビンの思うつぼ。

こんな最悪な状況ってのは娯楽映画だから、観ている側からしたら最悪になればなるほど面白い。そしてこのカルビン、尋常なく強い。どんどん巨大化するし生命力もハンパない。

賛否ありそうな結末ではあったけれど、僕はこの結末の着地点に大満足であると納得したところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『スネーク・アイズ』『オーバー・ザ・トップ』他

  2. 映画『点』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 最近観た映画4本。『マッド・ダディ』『BLEACH』他

  4. 映画『フリー・ファイヤー』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『SCORE[スコア] 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 長渕剛主演、映画『太陽の家』ネタバレ・あらすじ・感想。これぞ長渕イズム。

  7. 映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 最近観た映画4本。園子温監督に惚れてしまった日。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP