注目の記事 PICK UP!

『山田孝之のカンヌ映画祭』クッソ面白かった!

ッソ面白かった、『山田孝之のカンヌ映画祭』。

ドキュメンタリータッチで描いているドラマなんだけど、どこからどこまでが本気で、どこからどこまでが作り物なのかわからない。

だけど山田孝之がずっとボケ続けているのはわかる。

ボケ続ける面白さ
山田孝之がボケ続けているドラマに全ての出演者が誰もツッコミを入れないまま、物語は進んでいく。

カンヌ映画祭で賞を獲ることを目指して山田孝之が会社を作り、プロデューサーとして映画作りを初めていく。その道中で紆余曲折、バカげた出来事などが起こるが、皆、大真面目に取り組んでいくことによって、これはどこからどこまでが本当でウソなのかわからなくなる。山田孝之が明らかに真顔でボケているんだろうけど、皆も真面目な顔して答えている。時折観ているこっちが声を出して笑っているけど、ドラマはそんな視聴者を置いてどんどん真面目な顔してボケ続けながら進んでいく。そしてこっちもその壮大なボケにいつしか感情移入して、続きがどんどん気になってしまったのだ。

特に河瀬直美監督が登場した時のやり取りは面白かった。

山田孝之の才能

この作品を観ていて山田孝之の才能に圧倒される。

才能ある人がよく「自分は才能がないから人の倍、努力してきた」とか、誰にでも希望を持たせるような綺麗ごとを言ったりするんだけど、山田孝之は天性の才能がある。

これって努力じゃ身に付かない。持って生まれた才能、持って生まれたスターになる素質がある。それは見た目もそうだし、性格的なものもそうだし、役者としてもそうだし、歌を歌ってみてもそうだし、何をやっても出来る才能がある。それを何かボーッとして、いかにもフツーの兄ちゃんっぽくしているのが山田孝之の魅力であり、「能ある鷹は爪を隠す」的な感じがする。

山田孝之の東京都北区赤羽

カンヌが面白かったから、この作品も観た。

街の人たちが演技なのかどうかがわからなかったなぁ。すげー怒られたりするシーンがあるんだけど、本当に怒ってるのか?どうか?わからない。怒っているのが演技だとしたらスゴイ上手いんだけど、演技じゃないとしてもこの作品を構成していく上ですごく大事なところなんだよね。「怒られる」というシーンがあるからこそ、この物語は山田孝之の葛藤に大事な要素として進行していく。

あれが演出だとしてもスゴイし、演出じゃないとしてもスゴイ。

ただ山田孝之が「芝居が出来なくなった。役者業を休業する」という、とても大事なテーマは大ボケなんだろうけど、そのボケに対して真面目に相談に乗っている人たちが、あまりにもリアルで観ているこっちが混乱していく。

いや、とにもかくにも面白かった。山田孝之が好きになった。

関連記事

  1. 『運び屋』『十二人の死にたい子どもたち』を観たのだ。

  2. 最近観た映画4本。『新感染』面白かったじょ。

  3. 最近観た映画4本。北村龍平監督『VERSUS ヴァーサス』最高!

  4. 映画『太陽の塔』を観てきたのだ。

  5. 最近観た映画4本。『三度目の殺人』『散歩する侵略者』

  6. 最近観た映画4本。『サンゲリア』『バタリアン』他

  7. 最近観た映画4本。『スネーク・アイズ』『オーバー・ザ・トップ』他

  8. 最近観た映画4本。素晴らしい監督たち。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP