注目の記事 PICK UP!

映画『ハロウィン』ネタバレ・あらすじ・感想。

ョン・カーペンター監督の名作ホラー『ハロウィン』の40年後を描いた続編。

ジョン・カーペンター監督は好きな監督だが、『ハロウィン』を未視聴のまま、続編を観た。

『ハロウィン』
第一作目からの40年後の続編であるが楽しめる。
ブギーマンは人間ではないのか?
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
出演:リアン・リースジェイミー・リー・カーティスウィル・パットン
 

Amazon

Amazon Prime Video

予告編

 

 

解説

 
1978年の名作ホラー、殺人鬼がハロウィンの夜に起こす悪夢を描いた、ジョン・カーペンター監督『ハロウィン』の40年後を描いた続編。

第1作から40年後を舞台に、生存者の女性が再び「ブギーマン」ことマイケル・マイヤーズに立ち向かい、78年版でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び同役を務めた。

『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリアらが共演。

ジョン・カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当。

『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのジェイソン・ブラムが製作、『ボストンストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』のデビッド・ゴードン・グリーンが監督。

2018年製作/106分/R15+/アメリカ
原題:Halloween
配給:パルコ

 

あらすじ

 
1978年のハロウィン。精神科病棟を脱走して凄惨な殺人事件を起こしたマイケル・マイヤーズは、「ブギーマン」と呼ばれ恐れられた。

そして、唯一生き延びたローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)は、再びマイケルが目の前に現れることを恐れて、病院に収容された殺人鬼が再び現れることを想定しながら非常事態に一人備えていた。

事件から40年後のハロウィン前夜、精神科病棟から患者を移送する車が事故を起こし、マイケルは脱走。

ローリーは再び街に解き放たれた“ブギーマン”と対峙することを決意して、恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まった。

 

感想

 
ジョン・カーペンター監督は好きなんだけども『ハロウィン』を観たことがなくて、その後の「ブギーマン」によるシリーズも全然観たことがない。

観ていないのにも関わらず、すっ飛ばして2018年に公開された最新作『ハロウィン』を観ることに。

第一作からの続編ということだが、第一作で出演していた女優さんが40年の時を経て、再度出演してくれている。

また現れるであろう「ブギーマン」に備えて、毎日を生きる姿や立ち向かっていく姿は、『ターミネーター』のサラ・コナーを彷彿させた。

数十年越しに続編が作られるというのは、リスクを抱えた、かなりの冒険ではあるが、しっかりと前作の出演者が引き継がれて出てくれるというのが有難い。

数十年ぶりの続編になると、どうしても同役でありながらも出演者の変更があったりして、観ている者にとっては物語に集中出来ない違和感があるものだから、同一役者が40年ぶりに演じてくれるのは最高なのである。

40年後の続編というカタチは、どうしても賛否が起こりやすいものではあると思うが、僕は前作を知らぬまま観ても、なかなか楽しんで観ることが出来た。

気になったことは「ブギーマン」と呼ばれる男は精神科病棟にいたのだが、元々「人間」である設定なのだろうか。作品を観る限りでは「怪物」でしかない。車に轢かれても立ち上がってきたり、攻撃を喰らっても襲い掛かってくるタフさは人間という設定では、あり得ないのだ。

最後は、炎とともに燃え上がり焼け死んだと思われるが、2020年、2021年と続編が2作控えていることから、やはり「ブギーマン」は死んでおらず、人間にとって仕留めることの出来ない「怪物」でしかないのだ。

先ずは、ジョン・カーペンター版の元祖『ハロウィン』を観て追いかけていこうと思う、ってなところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『ひとよ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 最近観た映画4本。日本の良き監督たち。

  3. 映画『 IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレ・あらすじ・感想。

  5. 映画『ラスト・ナイツ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 映画『守護教師 』ネタバレ・あらすじ・感想。

  7. 最近観た映画4本。『スネーク・アイズ』『オーバー・ザ・トップ』他

  8. 最近観た映画4本。それぞれの天才監督。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP