注目の記事 PICK UP!

映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレ・あらすじ・感想。

ンヌ映画祭とアメリカのアカデミ賞で共にグランプリを受賞したという快挙。やっと『パラサイト 半地下の家族』を観ることが出来た。

『パラサイト 半地下の家族』
優れた発想と脚本。
計画通りに行かない展開に翻弄される!
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホチェ・ウシクイ・ソンギュン

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞。第92回アカデミー賞でも外国語映画として史上初となる作品賞を受賞したほか、監督賞、脚本、国際長編映画賞(旧外国語映画賞)の4部門に輝くなど世界的に注目を集めた。

『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』『スノーピアサー』の監督ポン・ジュノと主演ソン・ガンホが4度目のタッグを組んだ。

『最後まで行く』のイ・ソンギュン、『後宮の秘密』のチョ・ヨジョン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』のチェ・ウシクが共演。

2019年製作/132分/PG12/韓国
原題:Parasite
配給:ビターズ・エンド

 

あらすじ

 
半地下住宅に住むキム一家は全員失業中で、日々の暮らしに困窮していたが、ある日、たまたま長男のギウ(チェ・ウシク)が家庭教師の面接のために、IT企業のCEOを務めるパク氏の豪邸を訪ねる。

そして、兄に続いて妹のギジョン(パク・ソダム)もその家に足を踏み入れていくのだが・・・。

 

感想

 
先ずは発想と脚本が凄い、と思った。

「貧困」から一人の青年が成り上がっていく物語は多々あるけれど、一家全員で金持ちの家にパラサイトしていく物語は面白いなぁと。

初めはコメディー要素も多いのけど、どんどん悲劇へと向かっていく。悪人が登場しない悲劇。見せ方も非常に上手い。

これが日本のドラマだとどうなるか?一家全員がパラサイトしてコメディータッチで描いて、最後に家族全員の「素性」がバレて、「貧困生活に戻るけど、お金よりも大事なものに気付いた」みたいな、しょーもない感動ヒューマニズムを謳うのだろう。

韓国では、本当に「半地下」で暮らす人たちが多いらしい。家賃が値上がりして、元々北朝鮮からのミサイルに備えて作られた富裕層の「シェルター」を、家賃を安くして貸し出したのが「半地下」の住居である。

半地下だから地面が半分見えていて、立小便する人の姿まで見えてしまう。下水道よりも住居が低いため、住居にあるトイレが一番高い場所にある。便所こおろぎが発生していたり、なかなかのシビアな暮らしである。

しかも「お金がない」ために、子供たちは学力やアートの才能があっても学校に通うことが出来ない。

そんな彼らの生活への悩みを一気に解決していくのが、お金持ちの家へのパラサイトだ。

息子が家庭教師へと潜り込んでから、娘や父親、母親がパラサイトしていく過程は非常に面白い。

中でも母親が家政婦になった、見た目の変化ぶりは素晴らしかった。それとは対照的に辞めさせられた家政婦の変貌が凄い。金持ちの家で家政婦している時とは別人のようになるのだ。

女性は特に、その環境での見た目の変化は大きいのではないだろうか。

金持ちの奥さんも美人で陽気で少しバカっぽくて、上手く描かれていた。旦那さんは「家事などしなくていい。家政婦を雇えば」と、頭はそれほど賢くなさそうな「容姿だけ」を重要視して奥さんに選んだ感じがしてならない。

一家は金持ちにパラサイトしていくが、「半地下で暮らすニオイ」だけは染みついていて取れなかった。

ニオイに鼻をつまむことで父親は一線を越えてしまうが、あのスローモーションでの描写は心象が表現されていて非常に良かった。

人生は計画通りに行かないということも共感出来た。まさにコロナ禍での生活は、僕たちにとっては予期せぬことだったし、色んな計画が崩れた人たちが多々いただろう。

金持ちの息子ダソンは、一体どこまで気が付いていたのだろう。本作は内容が非常に深いため、それぞれのキャラクターの考察や状況、設定を掘り下げていくことも非常に面白い。

無性にジャージャー麺が食べたくなった、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 映画『ぼくらの七日間戦争』ネタバレ・あらすじ・感想。

  2. 映画『ロボコップ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 『北斎漫画』『タキシード』を観たのだ。

  4. 最近観た映画4本。『テラフォーマーズ』『孤狼の血』他

  5. 映画『ソウル・ステーション パンデミック』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。浅野忠信と二階堂ふみ。

  7. 映画『ハロウィン(1978)』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 映画『花とアリス』ネタバレ・あらすじ・感想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP