注目の記事 PICK UP!

映画『GONIN』ネタバレ・あらすじ・感想。

久しぶりに『GONIN』を観た。

『GONIN』
演出がカッコ良すぎる。
ビートたけしの異様な存在感が怖い。
監督:石井隆
出演:佐藤浩市本木雅弘根津甚八
 

Amazon

Amazon Prime Video

 

予告編

 

 

解説

 
「キレたら止まらない」、超豪華キャストを迎えて贈る傑作バイオレンスアクション!

『夜がまた来る』の石井隆が監督・脚本。

石井とのコンビが冴える佐々木原保志が撮影。

五人に紛するのは、佐藤浩市、本木雅弘、根津甚八、竹中直人、椎名桔平。

LD化の際には、再編集され119分の<特別版>が製作。

2007年には121分の<REAL EDITION>が製作。

 

1995年製作/109分/日本
配給:松竹

 

あらすじ

 
バブル経済が崩壊して、社会から弾き出された5人の男たち。

人生の瀬戸際に立たされた彼らは、生き残りをかけて一発逆転の賭けに出る計画を企てる。

5人は、暴力団の事務所を襲い金庫に眠ったアブク銭の強奪に向かう!

計画はまんまと成功して奪った金を山分けして、5人は新しい人生に踏み出すはずだった。

しかし暴力団の報復がはじまり、5人VS暴力団の血で血を洗う壮絶な戦いが始まった・・・。

 

感想

 
超久しぶりに観た。急に観たくなった『GONIN』。やっぱりカッコイイ。

出演者が素晴らしく全員イイ。

当時の出演者と同じ年代で、現在の役者でここまで迫力のある役者を集められるだろうか?

これだけのキャスティングが出来た時点で、もうこの映画は勝ちである。

もちろんキャスティングだけではなくて、よくこんなにカッコイイ演出が出来るものだと痺れた。

アクションにとてつもない緊張感を漂わせている。

カネを強奪する計画を立てるのは構わないが、暴力団の事務所に強奪しに行くなんてバカげている。命知らずにも程がある。

そりゃ報復されて当然である。

本作で何とも異様な存在感を放つのはビートたけしである。お笑い芸人とは思えないほど怖い。

雨の中、スウェット姿でビニール傘をさしながら拳銃を発砲して、さらに現場に駆け付けたパトカーに向かって発砲しながら近づいていくシーンが非常に素晴らしい。

パトカーはゆっくりと後ずさりして行く。

ビートたけしと木村一八の怪しい関係には笑えるが、それはそれで恐ろしさを演出している。

佐藤浩市と本木雅弘も怪しいし、佐藤浩市が最後に本木雅弘にキスをするって、どういうこっちゃ?

久しぶりに観たが、カッコイイ日本映画を観れて最高である、といったところで「カット、カット」。

関連記事

  1. 最近観た映画4本。『検察側の罪人』『来る』他

  2. 映画『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ・感想。

  3. 映画『キングスマン』ネタバレ・あらすじ・感想。

  4. 最近観た映画4本。アニメやらゴリラやら。

  5. 映画『カンフーハッスル』ネタバレ・あらすじ・感想。

  6. 最近観た映画4本。『アウトレイジ 最終章』『マンハント』他

  7. 映画『ゴジラの逆襲』ネタバレ・あらすじ・感想。

  8. 新春SPドラマ『教場』を観たのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP